プロミス

プロミス

  • 最短即日融資で当日の借入可能
  • WEB契約なら来店不要
  • 200行以上の銀行・コンビニで利用OK

50万円以下の借入は原則 収入証明書不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短1時間1~500万円4.5%~17.8%融資可能初回30日間

プロミスのおまとめローンは消費者金融の中で最もおすすめ!返済の負担を軽減!

プロミスには一般のフリーキャッシングのほかに、「おまとめローン」があります。おまとめローンは他社の借り入れを返済するための融資で、主に銀行カードローンで利用されています。おまとめローンはフリーキャッシングよりも高額が借りられ、金利も低くなっています。総量規制による借り入れ制限もありません。

プロミスのおまとめローンの特徴や利用方法をご紹介します。

プロミスのおまとめローンとは?

プロミスのおまとめローンは他社の借り入れの返済目的のためのローンです。フリーキャッシングは生活費や旅行代、冠婚葬祭など使い道は自由ですが、おまとめローンはその名の通り、他社の借り入れを一本化するためにしか使用できません。

おまとめローンは総量規制の対象外!

「消費者金融は年収の3分の1以上は借りられない」と聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。これは「総量規制」という決まりがあるからです。

以前はあちこちの消費者金融から高利で多額の借金を抱えて苦労する人が多かったために、一定額以上は借りられないように「総量規制」が設けられました。総量規制は消費者金融やクレジットカードのキャッシング(銀行のカードローン、クレジットカードのショッピングは除く)の借り入れ総額が年収の3分の1以上は借りられない(貸せない)ように貸金業法で決めたものです。

おまとめローンは救済目的なので例外として制限以上に借りられる

ガッツポーズの男性しかし、すでに複数の会社でお金を借りている人もいます。その人達が借り換えをするために「おまとめローン」ができました。これは他社を完済するのが目的なので、融資が決まると消費者金融の方から他社に返済されます。申し込み者の手にお金を渡して返済以外のことに使わないようにするためです。

他社の完済が目的なので、融資限度額が300万円など高額に設定されていて、この貸し出しは総量規制の対象外になっています。もし多重債務で困っている人はぜひ利用してみましょう。

プロミスのおまとめローンとフリーキャッシングはどう違う?

プロミスには生計費として使い道が自由の「フリーキャッシング」、他社の借り入れを一本化する「おまとめローン」、教育資金や結婚資金に使える「目的ローン」、自営業者のための「自営者カードローン」があります。
プロミスのフリーキャッシングとおまとめローンの違いを見てみましょう。

プロミスのフリーキャッシングとおまとめローンの違い
フリーキャッシング おまとめローン
融資額上限 500万円(ただし年収の3分の1まで) 300万円まで
金利 4.5%~17.8% 6.3%~17.8%
使い道 生計費 他社の借り入れの返済
返済方式 残高スライド元利定額返済方式 元利定額返済方式

プロミスのおまとめローンの違いは申込方法、使い道、返済方式

プロミスのフリーキャッシングは利用限度額の範囲内で好きなときに必要な金額を借りることができます。プロミスに「〇〇のために使うのでお金を貸してください」と許可を得る必要はありません。

しかし、おまとめローンは使い道が返済に限定されているのが特徴です。申込方法も限定されています。さらに返済方式も通常のフリーキャッシングとは異なります。

プロミスのおまとめローンは店頭か自動契約機で直接、申し込みます

キャッシングの契約コーナーで直接相談まず申込方法ですが、プロミスのおまとめローンは、WEBでは申し込めません。自動契約機またはお客様サービスプラザ(店頭窓口)で直接、申し込みます。

申込みをした後の審査からの手続きは基本的にフリーキャッシングと同じです。ただしスピードは早く、申込みを行ったその場で審査結果が伝えられ、契約することになります。

しかし、おまとめローンの借り入れ方法は通常のフリーキャッシングの借り入れとはまったく異なります。

プロミスのおまとめローンは借り入れと返済の両面でおすすめ

消費者金融を何社も利用している人のことを「多重債務者」と言います。多重債務になると、返済日が借りている会社によって異なるため、つい返済を忘れがちになる、毎月の返済総額が高くなるなどの問題が発生します。

おまとめローンは借入先にプロミスが直接お金を振込む!返済専用!

しかし、プロミスのおまとめローンは審査が通ったら融資するお金をプロミスが他社(金融機関)にお客様名で振り込んで返済をします。そのため、申し込んだ人の手にお金が渡るということがありません。振込手数料は0円です。

さらにプロミスからの融資額は申込時の借換え対象となるローン残高(元本)の範囲内に限られます。借金の返済目的なので、当然ですが、それほどに他社返済に徹底しているのです。

プロミスのおまとめローンは早く完済できる厳しい返済方式

フリーキャッシングは残高スライド元利定額返済方式で返済していきます。これは借りている残高に応じて返済額が決められるものです。

プロミスでは残高が50万円の場合、「借り入れ残高×2.53%(1000円未満切り上げ)」で計算し、毎月の返済額は13,000円になります。残高が30万円以下になると「借り入れ残高×3.61%(1000円未満切り上げ)」になるので、毎月の返済額は11,000円になります。返済額は少なくなりますが、元金充当分も少なくなるので、なかなか完済できないというデメリットがあります。

プロミスのおまとめローンは元金が必ず減っていく元利定額返済方式!

一方、おまとめローンの返済は元利定額返済方式で返済していきます。これは毎月返済する元金が一定で、それの利息を上乗せして返済するという方法です。

フリーキャッシングの残高スライド元利定額返済方式は残高が減ると毎月の返済額も減っていきますが、元金はなかなか減らないという特徴があります。おまとめローンの元利定額返済方式は例えば毎月元金を2万円を返済するとした場合、2万円ずつ元金が減っていくので早くに完済できるというメリットがあります。

プロミスのおまとめローンで毎月の返済額はどれだけ減らせる?

そこで、各社の借り入れをプロミスで借りて返済してしまい、その後はプロミスだけに返済することで返済日を忘れる心配がなくなります。また、毎月の返済額も減らすことができます。

複数の会社で300万円を借りている人のケースで見てみましょう。(いずれも金利は18.0%、返済回数は45回)

多重債務者の返済シミュレーション
借り入れ額 毎月の返済額 総返済額
A社 90万円 27,647円 1,244,129円
B社 80万円 24,575円 1,105,899円
C社 60万円 18,431円 829,419円
D社 70万円 21,503円 967,657円
合計 300万円 92,156円 4,147,104円
これら4社の毎月の返済額の合計は92,156円、返済総額は4,147,104円になります。

これをプロミスのおまとめローン(借り入れ額300万円、金利6.3%、返済回数45回)で計算するとどうでしょうか?

プロミスのおまとめローンの毎月の返済額は75,025円、返済総額は3,376,124円になります。

もちろん毎月の返済額や返済総額は金利や返済回数などによって変わります。こちらはサンプルなので必ず事前にプロミスにご相談ください。

プロミスに1本化すれば毎月1万円以上、総額では数十万円も減らせる

幸せな男性このようにシミュレーションではプロミスのおまとめローンに一本化することで、毎月の返済額は17,131円、返済総額は779,980円も安くなります。

何よりも「今日はA社の返済日だ、〇〇日はB社の返済日だ」と各社の返済に追われるというストレスから解放されます。

返済に特化した特殊な目的別ローンだからこその大きなメリットです。

プロミスのおまとめローンと他社を比較

おまとめローンはプロミス以外の消費者金融でも扱っています。大手消費者金融のおまとめローンを比較してみましょう。

プロミスのおまとめローンは金利が低い

下記の表のように大手消費者金融3社のおまとめローンを比較すると、プロミスは下限金利(金利の幅の低い方)が3社の中でもっとも低いことがわかります。一方、アイフルは上限金利がもっとも低くなっています。

消費者金融3社のおまとめローン比較
会社名 金利(実質年率) 融資可能額上限
プロミス 6.3%~17.8% 300万円まで
アコム 7.7%~18.0% 300万円まで
アイフル 12.0%~15.0% 500万円まで

モビットはおまとめローンがありません。

プロミスと他社のおまとめローンの金利の見方

消費者金融のキャッシングなどでは金利が6.0%~18.0%など幅があります。この低い方を下限金利、高い方を上限金利と言います。誰もが低い金利で借りたいと思うわけですが、金利は自分が希望したり、選んだりできるものではありません。

この金利幅は借りる金額によって異なります。下限金利はその会社が設定している最大限度額を借りた場合の金利です。

借金の総額が大きい=限度額が大きいほどプロミスの金利は低くなる

金利(利子・利息)がどんどんと下がる上の表のおまとめローンの例で見ると、プロミスは最大300万円を借りた場合、下限金利の6.3%が適用されます。アコムで最大の300万円を借りた場合は7.7%なのでプロミスの方が金利が低いということになります。

アイフルは最大の500万円を借りても金利は12.0%とかなり高くなります。

おまとめローンは多額のお金を借りるものなので、審査さえ通ればプロミスのように金利が低いところがおススメだと言えます。

プロミスのおまとめローンの利用方法

プロミスのフリーキャッシングはWebから申し込めますが、おまとめローンはWeb申し込みはできません。具体的なことが聞きたい場合はフリーダイヤルで相談できるようになっています。

また、申し込みは前述のとおり店頭窓口か自動契約機で行います。

プロミスのおまとめローンの審査は慎重

プロミスに限ったことではなく、どこの金融機関でもおまとめローンは融資額が多額になるため、審査は慎重に行われます。

プロミスのおまとめローンは申し込み時に収入証明書は必須!

給与明細書フリーキャッシングでは50万円以下の利用の場合などは収入証明書は不要ですが、おまとめローンの場合は本人確認書類以外に収入を証明するものが必要になります。

申し込みの際には、下記のいずれか1点を準備しましょう。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 税額通知書・所得(課税)証明書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書 ※賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書)

プロミスのおまとめローンで一本化しても信用情報は傷つかない

ヤミ金のブラックリスト複数から多くのお金を借りていると、信用情報機関にその履歴が登録されます。こういった多重債務の人が債務整理を行うと信用情報にその履歴が残るため、次にクレジットカードを作る時などは難しくなります。いわゆるブラックリストに載るからです。

しかしおまとめローンで一本化すれば大丈夫です。おまとめローンは返済目的のポジティブな行為なので、利用しても信用情報に傷がつくことはありません。むしろ信用情報を守ることになります。

プロミスのおまとめローンを利用して早く完済してすっきりしましょう

おまとめローンで一本化すれば毎月の返済額を抑えることができます。ただし、おまとめローンの返済が遅れれば、もちろん信用情報に傷がつきます。返済方式が厳格でフリーキャッシングよりも1回の支払い金額が高くなるので、遅延やトラブル無く、きちんと返済することが大切です。

今すぐプロミスに申し込む

関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「プロミス」今すぐ申し込む

TOP