プロミス

プロミス

  • 最短即日融資で当日の借入可能
  • WEB契約なら来店不要
  • 200行以上の銀行・コンビニで利用OK

50万円以下の借入は原則 収入証明書不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短1時間1~500万円4.5%~17.8%融資可能初回30日間

プロミスのおまとめローンは消費者金融の中で最もおすすめ!

プロミスのおまとめローンは、消費者金融の中では一番お得で、おすすめです。消費者金融でおまとめローンを提供しているのは、他にアイフルとアコムの2業者ですが、この2業者と比較しても、プロミスが一番低金利となっています。

プロミスのおまとめローンの金利

プロミスのおまとめローンの金利は6.3%~17.8% 。これが他の消費者金融のおまとめローンと比較して、高いのか安いのか、一覧で見るとよくわかります。

消費者金融おまとめローン金利
プロミス 6.3%~17.8%
アコム 7.7%~18.0%
アイフル 12.0%~15.0%

下限金利(安い方の金利)では、プロミスが断然安いことがわかります。アイフルよりは2倍近く安いですし、2位のアコムとも1.4%の金利差をつけています。

上限金利(高い方の金利)については、アイフルの15.0%が一番安いです。プロミスの上限金利の「17.8%」というのは、通常のカードローンと同じです。

上限金利が安いとどうなのか?

上限金利が安いということは「借入金額が小さい時の利息が小さい」ということ。

つまり、おまとめローンでも「あまり総額が大きくない時」はアイフルが有利ということです。

ただ、これはからくりがあります。

実は、アイフルが安いのは最初だけで、金額が少し上がるごとに、どんどんプロミスの方が低金利になるのです。

限度額は、アイフルが500万円、プロミスは300万円

金利というのは「借りれば借りるほど安くなる」ものです。なので、それぞれのおまとめローンの下限金利(安い方の金利)は「最大限度額まで借りた時」の金利なんですね。

つまり、アイフルの12.0%というのは「500万円まで」借りた時。プロミスの6.3%というのは「300万円まで」借りた時の金利です。

アイフルでは、500万円まで借りても、プロミスの300万円の時の「2倍の金利」なんですね。ということはアイフルで300万円しか借りない時は、相当高いということです。おそらく「13.5%」くらいになるでしょう。

ということは、300万円の時の金利を比べると、「プロミス…6.3%」「アイフル…13.5%」となるわけです。(アイフルは推測ですが)

100万円や200万円でも、プロミスが安い

上のような計算で「200万円」で比較しても、プロミスの方が断然安いでしょう。「100万円」前後でようやく互角になるくらいです。それより小さい金額になると、アイフルが有利です。

おまとめローンだったら最低でも100万円は必要とします。

それ未満の金額で借金の一本化をすることもありますが、基本的には100万円を超えることがほとんどでしょう。

こう考えると、アイフルの「上限金利が一番安い」というのは、実はあまり意味がないんですね。「アイフルとプロミスの限度額が違う」というのを知らなければわからないことですが、知っていれば、両者の差は歴然です。

というわけで、プロミスはこの3社の中で、下限金利も一番安いし、上限金利でも「実際に必要になる金額なら」、一番安いということです。おまとめローンで一番お得&おすすめできるのは、プロミスと言えます。(消費者金融のおまとめローンの中では)

プロミスのおまとめローンの審査基準は?

プロミスのおまとめローンの審査基準は、大体普通のプロミスのカードローンと同じ。ただ、違っている点は借入件数がマイナスにならないということです。(借入件数を減らすための審査なので、当然ですが)

プロミスのおまとめはネット申込みはできない

普通のカードローンと違っている点は、プロミスのおまとめローンの場合、ネット申込みができないということ。電話か無人契約機での申し込みとなります。

ネット申込みができないということは、それだけ審査にかかる時間も少し長くなります。一応プロミスのおまとめローンも即日融資はできますが、少し時間を長めに見ておいた方がいいでしょう。

今すぐプロミスに申し込む

関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「プロミス」今すぐ申し込む

TOP