楽天銀行スーパーローンの金利は平均レベル。返済は手軽でおすすめ

楽天銀行スーパーローンの金利は1.9%~14.5%です。500万円以下の金利は銀行カードローンの平均レベルですが下限金利の低金利っぷりが目立ちます。銀行カードローンの下限金利の平均は「4.5%」と言われているため、1.9%に改善された楽天銀行カードローンは、そうとう低い金利です。しかしその恩恵は一部の方しか受けられません。

楽天銀行スーパーローンの金利(実質年率)

最低金利1.9%!限度額は800万円とハイスペック

楽天銀行スーパーローンの金利は、「1.9%~14.5%」ただし下限金利は限度額800万円の方限定です。適用されるのは利用者のごく一部なので、ほとんどの方には関係ありません。楽天銀行スーパーローンで800万円の限度額が与えられて初めて、1.9%となります。800万円未満だと3.0%~7.8%となります。

500万円以下は4.9%と平均的な金利です

返済方法は手数料無料で利用できる方法が多く、すべての銀行カードローン・消費者金融の中で、楽天銀行は特に返済しやすいです。借入金額ごとの金利をまとめると、下のようになります。

楽天銀行の借入金額ごとの金利一覧

カードローンの金利は、借入金額ごとに変わります。楽天銀行の場合は、下のように安くなっていきます。

借入額 金利
100万円未満 14.5%
100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
500万円以上600万円未満 4.5%~7.8%
600万円以上800万円未満 3.0%~7.8%
800万円 1.9%~4.5%

見ての通り、一つの金額帯の中でも「6.9%~14.5%」のように差があります。これは楽天銀行スーパーローンだけではありませんが、理由も補足しておきます。

申込者の信用度によって金利が変わる

金利は、金額だけではなく申し込み者の信用度によっても変わるのです。たとえば年収が高い、職業が安定している、過去のクレジットヒストリーが良好である…などの条件です。

楽天銀行スーパーローンの場合も、同じ借入金額でも上の一覧のどの金利になるのか、人によって変わるということですね。「4.9%~8.9%」のように、幅をもうけてあるのです。

一見わかりにくいようですが、このように幅を設けてくれるだけでもまだマシです。消費者金融はこの幅すら明らかにされていないので。(消費者金融の方が審査が甘い分、信用度の低い人が借りるので、変動幅が大きいということですね)

楽天銀行スーパーローンの金利は高い?低い?

楽天銀行スーパーローンの金利は、銀行カードローンの平均レベルです。下限金利のみ「1.9%」ということで、平均の「4.5%」よりはずっと低くなっています。

しかし、上限金利(高い方の金利)の「14.5%」はちょうど銀行カードローンの平均の上限金利なので、高くも低くもありません。また冒頭にも書いた通り、下限金利はどのみちほとんどの方には無縁なものです。ほとんど適用されることがないので、関係ありません。(下限金利は最大限度額まで借りれる方の金利なので、楽天銀行スーパーローンだと800万円が与えられる必要があります)

楽天銀行スーパーローンの返済方法&手数料

楽天銀行スーパーローンは、冒頭にも書いた通り、返済方法が豊富で、手数料がかからないことが多く、返済が一番便利なカードローンの一つです。ここでは楽天銀行スーパーローンの返済方法と、それぞれで必要になる手数料をまとめます。

コンビニATMはすべて手数料無料

まず、コンビニATMでの返済はすべて無料。返済だけでなく借り入れも無料です。

セブンイレブンなどの大手はもちろん、ポプラなどの中小チェーンでも無料なので「コンビニならどこでも無料」と考えてください。

銀行ATMも無料の場所が多い

楽天銀行の店舗やATMはありませんが、代わりに他の銀行のATMを無料で使えます。三井住友銀行・イオン銀行・セブン銀行などです。

普通、銀行カードローンと他の銀行はライバルなので、他の銀行のATMは有料になることが多いです。
しかし、楽天銀行スーパーローンの場合は「もともと実店舗がない」ということで、カードローン以外の普通の銀行業務でも、他の銀行とよく提携しています。おかげで、このように多くの銀行で手数料無料で使えるんですね。

毎月の銀行引き落としももちろん手数料なし

定番の返済方法である「毎月の銀行引き落とし」も、もちろん手数料無料。楽天銀行の口座以外の口座でも指定できます。

毎月の銀行引き落としだと、返済日を忘れていたということもなく、遅延・延滞を防ぐことができます。返済の遅延・延滞は1日単位でも何度か繰り返すと信用情報に記録される可能性があるので、返済忘れをしないための工夫は大切です。(一般的に、個人信用情報への遅延・延滞の記録は61日以上と言われていますが、内容によっては、数日でも記録されるようです)

有人店舗での返済はなし

楽天銀行はネット専業銀行なので、有人店舗はもともと持っていません(というより、専用ATMすらありません)。店舗に行ったり、専用ATMで返済したり、という返済方法はありません。

しかし、専用ATMや有人店舗はなくても、三井住友銀行やイオン銀行などのATMが無料で使えれば、十分便利でしょう。(コンビニもすべて無料ですし)

今すぐ楽天銀行スーパーローンに申し込む

関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「楽天銀行スーパーローン」今すぐ申し込む

TOP