住信SBIネット銀行 MR.カードローンを早く借りたい!即日融資には対応してる?

【厳選】カードローン 2019/8/26 3680view

住信SBIネット銀行カードローンのミスターカードローンは最短での融資に対応したカードローンです。ただし住信SBIネット銀行の口座を持っていることが条件で、口座を持っていない場合は素早い融資は不可能です。

住信SBIネット銀行 MR.カードローンは、銀行カードローンです。そのため住信SBIネット銀行の口座を持っていても最短で翌営業日以降の融資となります。さらに住信SBIネット銀行の口座を持っていない場合は、口座を開設する必要があるため、さらに時間がかかります。

口座開設手続きは申し込みと並行して行われますが、キャッシュカード兼ローンカードが手元に届くまでに1週間ほどがかかります。その間、融資は受けられません。

住信SBIネット銀行 MR.カードローンは即日融資できる?

一昔前までは、スピード融資といえば消費者金融で、銀行系カードローンは審査時間が長いことで有名でした。しかしキャッシングのノウハウが積み上げられた現在、銀行系カードローンでもスピード融資に対応した商品が増えました。

一時期、銀行カードローンでも「スピード融資」というキーワードが一般的になり、は私たち消費者にとっても馴染み深い言葉になりました。ミスターカードローンはそんなスピード融資が可能な銀行カードローンでしたが、現在は翌営業日以降の審査結果のお知らせとなっています。

業界トップクラスのスペック!ミスターカードローンはスピード融資できる?

銀行カードローンで素早く融資してもらうという場合、その多くが口座を持っていることを条件に最短での融資に対応していました。一部例外を除き、銀行系カードローンで最短で融資を受けるには、何を置いても口座がなければならないわけです。しかし、現在は口座の有無にかかわらず、どの銀行カードローンでも翌営業日以降の借り入れとなります。

ミスターカードローンも同様で、住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、より早く融資が可能となりますが、どちらにしろ即日融資はできません。

口座があっても消費者金融並みのスピード融資はできない!

しかし「住信SBIネット銀行の口座があるから安心だ」とタカをくくっているのも危険です。住信SBIネット銀行の口座があれば口座開設の手続きが必要ない分、早めの融資が可能ではありますが、スピード融資に関してはOKというわけではないのです。

順調に審査が進んでいけば最短での融資となるわけですが、最短60分で仮審査完了しても、承認後、本審査があります。当然ながら本審査が長引けば素早い融資は不可能になってしまいます。

申し込みは24時間OK!早めに申し込んでおくべきです!

スピード融資希望でミスターカードローンへ申し込むなら、住信SBIネット銀行の口座を持っている上で、早い時間帯に申し込みを済ませておくことが必要です。

ネット銀行らしく、手続きもWEB上で完結できますし、24時間申し込めるため、早い時間帯に申し込んでおけば最短での融資も不可能ではなくなります。

審査さえ完了すればキャッシュカードで即借入!

ミスターカードローンはキャッシュカード一体型のため、口座さえ持っていれば審査完了後に借り入れを行うことができるようになります。口座があれば最短での融資もOKというのは、キャッシュカード一体型だからというわけですね。

住信SBIネット銀行 MR.カードローンの即日融資はどのくらいの時間が必要?

以上のように、ミスターカードローンは住信SBIネット銀行の口座を持っていたとしても、100%の確率でスピード融資を受けられるわけではありません。あくまでも可能性のひとつとして、最短での融資もあり得るというだけで、申し込み時間や審査時間によっては対応できないこともあります。

では、最短での融資が無理だったとして、実際に申し込んでからカードローンの利用ができるまでに、どのくらいの時間がかかるのでしょうか?

本審査完了まで最長で数日かかることも!

ミスターカードローンは、まず申し込み後に住信SBIネット銀行と保証会社のSMBCコンシューマーファイナンスが仮審査を行います。仮審査は最短60分ですが、本審査は最長で数日かかります。

所得証明書の提出でまごつくと時間を大きくロスします

さらに利用限度額のいかんに問わず、本人確認書類の他に所得証明書の提出が必要となってきています。提出後に本審査を行い、カードローンの利用開始となるわけですが、ここで準備ができていないと無駄に時間がかかります。

さらに本審査~カードローン利用開始までも、最長で数日かかる場合があります。

WEB完結でも本人確認書類の他に所得証明書が必要です。

ミスターカードローンは、2017年春から所得証明書の提出が必須となってきています。提出そのものはパソコンやスマートフォンで簡単に行えますが、致命的になるのは準備をしていなかった場合です。

提出を求められたときに、うっかりして提出し忘れてしまうと、そのまま審査も進まないため借入までの時間を大きくロスしてしまいます。ご注意下さい。

在籍確認が取れないと申し込みが白紙になります!

本審査の要とも言える在籍確認も当然行われるわけですが、在籍確認がとれなかった場合は、ミスターカードローンの申し込み自体が白紙に戻されてしまいます。嘘の勤務先はもちろん、勤務先の電話番号を誤って記入しないように気を付けましょう。

口座開設手続きが始まるのは仮審査通過後!利用開始まで時間がかかる

口座のない人が最短での融資を利用できない理由は、先にも述べたようにキャッシュカード一体型になっているからですね。口座の開設手続きを行ってキャッシュカードが郵送されてきてからの利用になってしまうので、スピード融資には間に合わないのです。

口座開設手続きは、仮審査通過後に行われます。仮審査まで数時間で進んでも、実際にカードが手元に届くのは結構時間がかかってしまうことになります。個人差はありますが、少なくとも1週間以上はかかりますので、順調に審査が進んだとしても1週間という時間は最低限見積もっておく必要があります。