スルガ銀行カードローン リザーブドプラン

スルガ銀行カードローン リザーブドプラン

  • 最短翌営業日融資!口座開設不要
  • 専業主婦(主夫)OK!WEB完結
  • VISA機能!保険でローン全額返済

500万円まで原則所得証明不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
平日最短即日審査
来店不要
最短翌営業日融資
他行振込OK
800万円3.90% ~ 14.90%融資OK-

リザーブドプランは土日の借入はできる?即日融資OK?土日中の審査は?

リザーブドプランは当日の昼12時までに契約手続きが完了すれば即日融資に対応してもらえますが、土日は銀行業務がお休みとなるため即日融資は不可です。

審査も同様に土日中は行っていませんので、金曜日の遅い時間や土日中に申し込んだ場合は翌営業日にならなければ審査に入れないことになります。

12時までに申し込めば即日融資OKのリザーブドプラン!土日祝日もOKなの?

リザーブドプランは最短即日融資に対応しているスルガ銀行のカードローンで、融資希望日の昼12時までに申し込みが完了すれば即日融資ができる流れとなっています。

大手銀行から地方銀行に至るまで、全国に存在する銀行カードローンは膨大な数に上りますが、即日融資対応のカードローンは全体からみれば決して多いとは言えません。

地方銀行でありながら即日融資を可能にしたスルガ銀行カードローン

それだけに、地銀でありながら全国展開をしており、且つ即日融資にも対応しているリザーブドプランはある意味貴重な存在ともいえるのですが、そこで気になる点がひとつ! 

昼12時までに申し込めば即日融資OKということは、それが例え土日や祝日であっても可能なのでしょうか? それなら相当な利便性を誇るということになりますので、一気に期待度も上がってしまうというものです。

一般的に銀行業務は土日祝日がお休み!スルガ銀行のカードローンは土日も大丈夫?

リザーブドプランは本当に土日祝日に申し込んでも、土日審査や土日中の融資をしてもらえるのか? 

この疑問を解決するには、まず銀行業務の休日について知っておかなければなりません。皆さんのお宅のご近所にある銀行はいかがでしょうか? 土日でも窓口の営業をしているところがありますか? 

恐らく、土日に窓口業務をしている銀行はないはずです。なぜならば、一般的に銀行は土日祝日の業務はお休みだからです。

カードローンは銀行の手続き。なので土日はお休みです

「え!?うちの近所の銀行は土日でも開いてるよ!」という場合、それは恐らくATMだけが利用できる状態になっているだけであって、窓口は利用できないはずです。

ATMだけが稼働していたとしても、窓口業務がお休みとなっていれば「銀行休業日」ということになりますので、預貯金はおろか、一切の手続きを窓口で行うことはできません。

つまり、それらに付随する業務のひとつであるカードローンの手続きも、同様にお休みとなってしまうのが普通です。

リザーブドプランも土日は即日審査NG。即日融資もできません。

では、それらを踏まえてリザーブドプランへ当てはめてみましょう。まず、スルガ銀行における土日や祝日の業務ですが、他行と同様にお休みとなります。つまり、カードローンの申し込み受付や審査といった業務もお休みとなってしまうということになります。

これらを鑑みればもはや説明の余地はありませんが、リザーブドプランで土日や祝日に申し込んでその日のうちに即日審査回答&即日融資を受けることはまず無理ということになります。

また、即日融資は口座への振込みとなりますので、他行宛て口座への振込みであれば尚更のこと、不可能ということになってしまいます。

最短1分回答のスピード仮審査は24時間いつでも回答可能なの?

リザーブドプランは、最短1分でスピード回答してくれる「スピード仮審査」と呼ばれるシステムがあります。ざっくりと言ってしまえば消費者金融などで行われているコンピュータ審査のようなものですが、このスピード仮審査のシステムは24時間OKなのか? という疑問を持たれる方も多いかもしれません。

スピード仮審査はコンピュータ審査のようなものと説明しましたが、本当にコンピュータで行っているのかは分かりません。あくまでも、「のようなもの」というだけです。「コンピュータ審査をしているかのようなスピード回答」と言った方がいいかもしれませんね。

スピード仮審査には時間制限アリ!土日や祝日もNGです!

コンピュータ審査のようなものとなると、基本的には人手はいらないことになりますので、24時間いつでも審査回答をもらえそうな気もしますが、リザーブドプランの場合は平日の8時~19時までに申し込んだ場合に限り最短1分のスピード審査回答をもらうことができます。

つまり、平日の19時以降の申し込みであればスピード仮審査の結果は翌日へと持ち越されますし、土日祝日であれば何時に申し込んでも翌営業日へと持ち越されることになります。しつこいようですが、スピード仮審査を効果的に活用するためには、平日の19時がタイムリミットとなりますので注意しましょう。

スピード仮審査に通過しても即本審査へと移行するわけではありません!

ここでひとつ注意点を。スピード仮審査は、最短1分というスピード回答が魅力ではありますが、スピード仮審査を通過してもその後に仮審査が行われ、そして本審査が行われます。スピード仮審査には「仮審査」という言葉が使われていますので、一般的な仮審査と同じだと勘違いしてしまいがちですが、あくまでも簡易的なものであるということは認識しておきましょう。

さらに言えば、スピード仮審査で最短1分の超速回答をもらったとしても、その後の仮審査や本審査では一般的な銀行と同じだけの審査時間が必要となります。スピード仮審査に通過すれば仮審査も通過できるというわけでもありませんので、そこは承知しておくようにしてくださいね。

仮審査や本審査で他行と同じくらいの時間が必要ならスピード仮審査の意味は?

申し込み後の早い段階で審査回答をもらえるのはとても嬉しい魅力ですが、その後に仮審査が行われるのであれば、相応の審査時間も必要となりますし、本審査まで加えれば結局は他行カードローンの審査時間とさほど変わらないことになってしまいます。そうなると、スピード仮審査そのものの意味すら分からなくなってしまいます。

このスピード仮審査の意義を敢えて絞り出すとすれば、早い段階で審査結果を知ることで、もし審査落ちした場合はすぐに別のカードローンへ申し込むかどうかを検討できるということでしょうか。ただしそれでも、「スピード仮審査に通ったのに結局仮審査でダメだった」ということになれば、それすらも意味がなくなってしまいます。

「最短1分!」に期待し過ぎちゃダメ!すべての審査が1分で終わるわけではありません

それならスピード仮審査ではなく、仮審査そのものの回答を「最短1時間」という程度にしてくれれば、その方がスピード感がある気もします。とはいえ現実にはそうではなく、スピード仮審査→仮審査→本審査という手順を踏まなければなりませんので、「最短1分!」という言葉に惑わされないことも必要です。

「スピード審査回答」とか、「最短1分!」という言葉だけを目にすれば、確かに期待感も膨らんでしまいますが、さすがにすべての審査が1分で終わるわけではありません。早くても、数時間という単位は必要になりますので、それだけは念頭に置いておきましょう。

金曜日や土日祝日にお金が必要なら他でキャッシングを検討した方が確実!

リザーブドプランで即日融資を希望する場合、先述のとおり平日の12時までに契約が完了していなければなりません。土日祝日は審査できないとなると、もし金曜日中にお金が必要であれば早めに申し込まなければ間に合わない恐れも出てきます。金曜日にお金が必要なのに無駄に審査が長引いてしまい、結局週明けでなければ借入できないということなる恐れだって多分にあるのです。

それではリザーブドプランへ申し込む意味すらなくなってしまいますので、そんなトラブルを招かないためにも、十分な余裕をもって申し込むことをおすすめします。もし、時間的に不安を感じるようであれば、潔くリザーブドプランは諦め、他のカードローンへ申し込む方が確実性も増します。

関連コンテンツ
「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」カードローン豆知識で申込みが一番多いのは?

TOP