スルガ銀行カードローン リザーブドプラン

スルガ銀行カードローン リザーブドプラン

  • 最短翌営業日融資!口座開設不要
  • 専業主婦(主夫)OK!WEB完結
  • VISA機能!保険でローン全額返済

500万円まで原則所得証明不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
平日最短即日審査
来店不要
最短翌営業日融資
他行振込OK
800万円3.90% ~ 14.90%融資OK-

絶対家族に内緒で借りたい!?リザーブドプランはそんなあなたにピッタリのカードローン!

消費者金融のような自動契約機がない銀行系カードローンでは、ローンカードの受け取りが郵送という手段しかないため、家族に内緒で借りたい人にはややデメリットが大きくなります

リザーブドプランは、そもそも家族バレしにくいという特徴がある上に、ローンカードの券面にもカードローンを匂わす文言はありません。郵送物に関する言い訳に使えるとっておきの裏技もあります。

リザーブドプランで借りる!そもそも家族に内緒は可能!?

カードローン商品を提供する銀行や貸金業者などでは、ユーザーのプライバシーを確保するために、個人名で在籍確認を行うなどの方法を用いています。カードローンの顧客獲得合戦も激しい状態が続いていますが、「いかに家族バレや職場バレを防ぐか!?」というのも、カードローン選びの重要なキーワードとなりつつあります。

職場バレに関しては、在籍確認時だけに注意すればいいわけですし、そもそも銀行系カードローンの場合は在籍確認すらないケースもある上に、ほとんどが個人名での電話なので簡単に職場バレしてしまうこともありません。問題は郵送物などによる家族バレの方なのです。もちろんリザーブドプランも郵送でローンカードが送られてきますので、家族に内緒にしづらいというデメリットがあります。

リザーブドプランの家族バレリスクってどのくらいあるの?

では、実際にリザーブドプランの家族バレリスクについて考えていきましょう。カードローンにおいて、家族バレリスクの要因となり得るものは主に2つあります。ひとつは本人確認の電話、そしてもうひとつがローンカードが送られてくる郵送です。

リザーブドプランの場合、スマホや携帯電話があれば、本人確認の電話はそちらにかかってきます。今やほとんどの人がスマホなり携帯なりを持っていますから、自宅に本人確認の電話がかかってくることはないという点から見ると、確認の電話による家族バレリスクは低いと言えます。

リザーブドプランは必ずしも自宅への郵送でなくても良い!?

リザーブドプランでもっとも家族バレリスクの高まる瞬間は、やはり、銀行系カードローン特有の郵送物ということになります。ただし、この郵送物に関しても、リザーブドプランユニークなシステムを採用しています。

他の銀行系カードローンでは、ローンカードの郵送は自宅以外認められていません。つまり、「自宅へは送らないでほしい」という願いも虚しく消えていくだけです。しかしリザーブドプランは自宅以外にも、勤務先へ郵送してもらうことができます。

利用明細も発行不要を選択可!

銀行系カードローンによっては、カードローンを利用するたびに利用明細が郵送されてきてしまうところもあります。この利用明細というのも、やはり家族バレの要因のひとつともなりますので、家族に内緒で借りたい人にとっては目の上のたんこぶともなりかねません。

リザーブドプランは、申し込みの際に利用明細書の発行不要をチョイスすることができます。つまり、利用するたびに明細が送られてきてしまうこともありませんし、利用明細書が原因で家族バレしてしまう心配も一切ありません。

もし家族にバレそうになったら!?万が一に備えた言い訳を用意しよう!

以上のように、銀行系カードローンの中でもリザーブドプランは家族に内緒で借りやすいという特徴があります。しかし、それでもただ「内緒にしやすい」というだけであって、やはり100%完璧に内緒にするのは不可能です。いつどこでどういったタイミングでバレてしまうのか分からないのが秘密というものです。

従って、もし家族にバレそうになってしまった場合に備えて、言い訳を考えておくのがおすすめです。もちろん、バレそうになって正直に話すのもOKですが、どうしても内緒にしたいと考えているのであれば、言い訳を用意しておくことも必須です。そこで、ここからは家族バレ回避のための言い訳について考えていきましょう。

言い訳は堂々と!挙動不審ではさらに疑われます!

言い訳する瞬間は、絶対に挙動不審ではいけません。明らかに動揺してしまっては、正直に話しているのと同じになってしまいますので、まずは堂々としていることが基本です。

せっかくリザーブドプラン側でもプライバシーに配慮した対応をしてくれているのですから、むしろそれに便乗するくらいの大きな気持ちも必要でしょう。

最も家族バレしやすい瞬間がローンカードの郵送

先にも挙げましたが、家族バレしやすい瞬間はやはりローンカードの郵送時です。リザーブドプランであれば、リザーブドプランカードが送られてくるときに家族バレリスクの最高潮を迎えるということになります。

封筒にはスルガ銀行の名前が記載されていますので、営業エリア外の人にとっては咄嗟の言い訳にも詰まりやすいのです。

そのため、言い訳にもスルガ銀行に関連付けたものを考えなければなりません。言い訳に使えそうなものとしては次のようなものがあります。

  • 仕事でスルガ銀行の資料を取り寄せた
  • VISAデビットカードを作った
  • VISAクレジットカードを作った
  • インターネット支店で口座を作った
  • 保険や個人年金等の資料を取り寄せた

ざっくりと挙げてみましたが、言い訳にできそうなネタはこれだけあります。勤務先への在籍確認であれば、「クレジットカードの在籍確認だよ」と言っておけば十分ですが、さすがにスルガ銀行の封書を目の前にして、スルガ銀行とは無関係な言い訳はできません。

ただしスルガ銀行でもVISAクレジットカードなどの取り扱いがありますので、それを言い訳に使うこともできます。また、「取引先にお願いされて……」といったように、「仕事関係でやむを得ず」という雰囲気を匂わせるのも効果があります。

言い訳しやすいようにVISA機能付帯のリザーブドプランを選択しておきましょう!

いかなる言い訳を用いようとも、「実物を見せて!」と言われたらアウトです! しかし、そんな場合でもリザーブドプランなら安心です。なぜなら、リザーブドプランはVISA機能を付帯させることが可能だからです。

つまり、言い訳のネタはVISAデビットかVISAクレジットカードにしておけば、いざ実物を見せろと言われた際にも有利になるわけです。VISA付きリザーブドプランカードの券面にはハッキリと「VISA」という文字が入っていますので、十分な説得力があります。

リザーブドプランカードにカードローンとか書かれてないの!?

家族にカードを見せた際、目立つ場所に「カードローン」などと記載されていてはやはり即バレしてしまう公算が大きいかもしれません。しかし、その点も安心です。なぜなら、リザーブドプランカードの券面には、一見してカードローンであることが分かってしまうような文字もありません。

水色をベースに、富士山とサッカーボールのイラスト、右上に大きく「VISA」の文字、左下に「スルガ銀行」の文字、左上には「SHOPPING/INTERNATIONAL」という文字があり、どこにもカードローンを匂わせる文言はありません。

つまり、先の言い訳の例でいえば、「VISAデビットカードを作った」もしくは「VISAクレジットカードを作った」という言い訳を用いれば、いざ「カードを見せろ」と迫られた場合にも柔軟に対処することが可能なのです。

関連コンテンツ
「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」カードローン豆知識で申込みが一番多いのは?

TOP