リザーブドプランで即日融資受ける三大ポイント!ここに気を付ければスムーズに借りられる!

地銀・信金のカードローン 2016/12/15 1228view

スルガ銀行カードローン・リザーブドプランで即日融資を受けるポイントについて解説しています。三大原則は、昼12時までの申し込みと早めの申し込み、そして口座情報を伝えなければならないことの3つです。

スルガ銀行カードローン・リザーブドプランは、全国に対応した地方銀行カードローンです。即日融資にも対応しており、昼12時までに契約が完了すれば最短で即日融資してもらえます。

ただし、12時というタイムリミットが設けられているため、審査が長引いたときのことも考慮して早めに申し込みを済ませておくこともポイントとなります。

リザーブドプランで即日審査を受ける!申し込み方法は?

地方銀行のカードローンでありながら即日融資にも対応しているリザーブドプラン。大手と言えども即日融資には対応していないカードローンもある中、地銀で即日融資対応というのは比較的レアな部類に入るでしょう。

しかも、リザーブドプランは地方銀行にありがちな「営業エリア内に居住している人のみが対象」というカードローンではなく、全国に対応している地銀カードローンとしても人気があります。

リザーブドプランの申し込みはWEBのみ?その他の方法は?

ここで気になるのが、リザーブドプランで即日融資を受けるにあたってどの申し込み方法が最も理想的なのか? という疑問です。申し込み方法によっては、例えば郵送などのようにやり取りだけで数日を要してしまうものもありますので、申し込み方法のチョイスを間違えると即日での融資は不可能となってしまいます。

リザーブドプランの場合、即日融資可能となるのはWEB完結のみとなっているようです。というのも、そもそもリザーブドプランには他の申し込み方法は用意されていません。電話での問い合わせは可能ですが、メインの申し込み方法はあくまでもWEBに限られています。ネット環境のない方は即日融資は厳しいでしょう。

契約には本人確認書類が必須!WEBからアップロードするのが近道!

リザーブドプランの申し込みから契約完了までの流れは以下のようになっています。

  1. ネットの申し込みフォームから申し込む
  2. スピード仮審査
  3. 仮審査
  4. 仮審査承認後必要書類提出
  5. 本審査

即日融資を希望する場合、仮審査通過後に本人確認書類をWEB上からアップロードし、確認が済めば審査完了となります。ちなみにアップロード用のURLはメールで教えてくれます。即日融資を希望しない場合は、仮審査通過後にスルガ銀行から送られてくる必要書類に署名等を行い、再びスルガ銀行へ返送する必要があります。

返送方法が郵送では時間がかかる!必ずFAXで!

必要書類の提出は、郵送によってスルガ銀行から送られてくることになっています。即日融資をした場合は融資の後に書類が送られてくるのでそれに記載して返送します。この場合、WEBサイトからダウンロードする形式で書類を入手することになるはずです。

必要書類をダウンロードしたら、必要事項を記入して返送しなければなりませんが、返送方法は郵送かFAXのみに限られます。もちろん、FAXを利用して返送した方が、手続きも早い段階で終えることができます。

当然ながら、郵送で返送していては契約完了までに時間がかかってしまいますので。自宅にFAXがないという場合は、コンビニから送るという方法しかありません。すでに即日融資が行われている場合であれば、急ぐ必要もありませんので、郵送を選択してもいいでしょう。

リザーブドプランの即日融資三原則!12時・早め・口座情報!

リザーブドプランで即日融資を受けようと考えた場合、まず意識して押さえておきたいのが「12時・早め・口座情報」の3つです。ここを押さえておかないと、どんなに即日融資を希望したとしてもまず不可能な状況となってしまいます。

当然ながら、この三原則をきっちりと意識しておけば、即日融資も不可能ではなくなります。もちろん、審査状況によっては即日融資が厳しくなることもありますので、最短即日融資といっても100%OKというわけではないことも併せて承知しておきましょう。

即日融資は余裕を持つことが大切!ギリギリのタイミングでは後味の悪い結果になります!

まず、リザーブドプランで即日融資を受ける条件は、融資希望日の昼12時までに契約手続きを完了することが第一条件となります。そして、即日融資を受けられるのは土日祝日を除く平日のみとなりますので、その点も十分な注意が必要です。

また、12時までに契約が完了するということは、申し込み→仮審査→本審査という段階を踏まなければなりませんので、早めに申し込みしなければ間に合わない恐れもあります。ギリギリのタイミングでは厳しいということになりますので、この点も留意しておきましょう。

早めのタイミングってどのくらいのタイミング?

早めのタイミングについて、では一体、どのくらいのタイミングで申し込めばいいのか? ということになりますが、これはもう、「できるだけ早いタイミングで!」と言うしかありません。お金が必要だと分かった時点ですぐに申し込む――これが原則となります。

仮に、お金が必要だと分かった時間が夜中であれば、その時点で申し込むことはもちろんですし、逆にお金が必要だと分かったのが昼の12時に近い時間であれば、申し込みは断念した方が得策です。

少なくとも2時間~3時間という審査時間は確保しておくべきですし、場合によってはそれでも間に合わない場合もあります。12時というタイムリミットが差し迫っているなら無理矢理申し込むのはやめて、消費者金融など午後でも即日融資OKなカードローンを選んだ方が賢明です。

口座情報はスルガ銀行の口座じゃないとダメなの?

即日融資は、消費者金融のようにその場でローンカードが発行されるわけではありません。振込融資というスタイルとなりますので、即日融資を希望する場合は口座の情報をスルガ銀行側に伝える必要があります。

そうなると、「やっぱりスルガ銀行の口座じゃなきゃダメなの?」という不安も抱いてしまいますよね? なぜなら、自行口座でなければ即日融資に対応していないという銀行系カードローンも多いからです。

しかし、リザーブドプランならそうした不安も一切不要です。振込先口座は本人名義の口座であれば、スルガ銀行以外の口座でもOKとなっています。口座を開設しなければならないという手間もないので、非常に利便性が高いというメリットもあります。

即日融資でもローンカードの発行はあります!概ね1週間程度が目安です!

振込み融資を希望しても、ローンカードの発行は必ず行われます。フリーロンであれば、希望額が振り込まれたらその後は返済を行っていくだけとなりますが、リザーブドプランはカードローンですので、必ずローンカードの発行をもってすべての手続きが完了します。

リザーブドプランの場合、ローンカードが送られてくるのは契約完了から概ね1週間ほどが目安となります。カードローンによっては契約完了から2~3日で送られてくるところもありますので、リザーブドプランは手元にカードが届くまでちょっと時間がかかってしまうようです。

利用限度額と振込額が同一とは限りません

振込融資も、必要な額だけを振り込んでもらうことができます。例えば、必要な金額が10万円で、審査の結果利用限度額が50万円であった場合は、50万円全てが振り込まれてしまうというわけではありません。

もちろん希望すれば50万円全てを振り込んでもらうこともできますが、差し当たり必要となる10万円だけを振り込んでもらうようにすることも可能です。無駄な借り入れを防ぐためにも、必要なだけを振り込んでもらうようにしたいものですね。

【厳選】カードローンおすすめ解説記事