派遣社員の在籍確認は、所属先に電話があるの?それとも派遣先?

カードローン在籍確認
カードローンを申し込むとさまざまな審査が行われます。その中のひとつに在籍確認があります。これは勤務先に金融機関が電話をして、本当にそこに勤めているかどうかを確認するものなのですが、派遣社員の場合は登録している派遣会社と実際に働く会社が異なります。

派遣社員が在籍確認をスムーズに進めるにはどうすればいいのでしょうか。

カードローンの在籍確認は派遣社員は難しい?

派遣社員として働く人がカードローンを申し込む際に勤務先として記入するのは「登録している派遣会社」の名前になります。この会社は「派遣元」と呼ばれるもので、その会社に派遣社員として登録しますが、実際に働くのはその派遣会社ではありません。
派遣会社から派遣された「派遣先」で働くことになります。ただし、給料は派遣元の会社から受け取ります。

通常の正社員やパート、アルバイトは勤務先がそのまま雇用主になりますが、派遣社員は雇用主は派遣元である派遣会社ですが、実際の勤務先は派遣先になるというイレギュラーな形になるのです。

そのため、在籍確認として金融機関から派遣会社に電話をかけても、対応されないケースがあります。

カードローンの在籍確認で派遣社員に起こる問題

実際に派遣社員の人がカードローンを利用する際には、次のような事情で在籍確認がスムーズにできない可能性があります。

  • 派遣会社が登録している社員の個人情報は答えられないと対応を拒否することがある
  • 派遣先では派遣社員の名前を把握していないケースがある
  • 複数の派遣先で働くことがある
  • 日雇い派遣など短期間しか派遣先で働かないケースがある
  • 複数の派遣会社に登録しているケースがある

では、ひとつずつ問題となるケースを見ていきましょう。

派遣会社が対応しないケース

在籍確認は番号非通知、個人名で「〇〇さん、いらっしゃいますか?」と電話をかけてきます。ところが派遣会社の方では「個人情報なのでお答えできません」と拒否することが多いのです。

また、派遣社員は実際にその派遣会社の社内で働いているわけではなく、登録しているだけです。多くの人が登録しているため、電話に出た人が〇〇さんが在籍(登録)しているかどうかを即答できないという事情もあると考えられます。

派遣先で対応できないケース

派遣社員を受け入れる派遣先の会社では、場合によっては日替わりでさまざまな派遣会社から派遣社員が来て働いています。自社が採用した社員ではないので、派遣社員の名前を一人ずつ把握していない場合があります。

また、派遣社員として働いている人に社外から電話がかかるというのは不自然です。
そのために派遣先に在籍確認をしてもらうのは困難だと言えます。(最近は派遣先に在籍確認の電話をかける金融機関もあります。)

複数の派遣先で働くケース

派遣社員の働き方はさまざまで、1社の派遣先で長く働くケースもあれば、「今週はA社に、来週からはB社に」と複数の派遣先で働くケースもあります。

短期間だけ派遣先で働くケース

派遣社員は長く同じところで働くこともありますが、中には日雇い派遣や1週間だけの派遣社員など短期間の仕事をあちこちで繰り返すという働き方もあります。

複数の派遣会社に登録しているケース

派遣会社1社だけに登録していても仕事が継続して得られないということがあります。そのため、人によっては複数の派遣会社に登録して、何社から仕事を受けているというケースがあります。

このように派遣先で在籍確認をしてもらうのは非常に困難です。何よりも申し込み時の勤務先は派遣先ではなく派遣元である派遣会社名を記入するため、「個人情報」を盾に対応してもらえない可能性があります。

実際に働いている派遣先に在籍確認の電話連絡をもらうケース

派遣社員の在籍確認

一方で登録している派遣会社ではなく、実際に働いている派遣先に電話をしてもらうという方法もあります。派遣先に電話をかけてもらうことで在籍確認をスムーズにクリアできるケースは多いです。

基本的に保証会社は個人名で電話をかけてくれますが、その際に家族など身内を装ってもらうなど事前に金融機関にお願いする方もいます。「〇〇の家族ですが、仕事中にすみません。急用なので…」などと言ってかけてもらうのですが、これはなかなか難しいでしょう。対応してくれるかどうかは金融機関によって異なります。

派遣先に個人名で在籍確認の電話連絡をしてもらう

下記は職場の特性上、堂々と電話連絡をしてもらったケースの体験談です。

Aさんは学生時代にプロミスでキャッシングしましたが、その時は、派遣会社を通じてパチンコ屋でアルバイトしていました。その時はパチンコ屋だけに在籍確認が行き、派遣会社に電話確認されることはありませんでした。

もしかしたら確認したのかも知れませんが、少なくともAさんが知る限り、電話口でプロミスの人が「今から確認電話をかけます」と言っていたのは、パチンコ屋の方だけでした。おそらく派遣会社にはかけていないはずです。

在籍確認の電話先はその派遣社員の勤務実態に寄って変わる

派遣社員

このあたりは、その派遣社員の人が、どういう内容で勤務しているかにもよります。

たとえば、派遣先がしょっちゅう変わる場合には、派遣会社の方に確認されるでしょう。逆にAさんの場合は大学を休学して完全フルタイムでパチンコ屋に入っていたので、それで派遣先に確認されたのだと思います。

キャッシングが恥ずかしくない職場の方に在籍確認の電話がかかる

これはAさんと似たような人たちの体験談を集めて気づいたことですが、パチンコ屋などの職場で働いている場合、大抵、勤務先に在籍確認の電話が行きます。というのは、こういう職場だと、キャッシングの確認電話が当たり前になっていて、職場バレしても全然怖くないからです。

実際、Aさんも「在籍確認の電話をします」と言われた時、一瞬緊張したそうです。しかし「まあ、パチンコ屋ならいいか」と思ったとのこと。これは別に職場を馬鹿にしていたわけではなく、派遣先の同僚で同じように借金をしている人が多いのを知っていたからです。

借金する方が多い職場か、在籍確認がスムーズか、保証会社が判断

Aさん曰く、オフィスには、寮に住んでいる社員さん宛の督促の郵便物がよく来ていました。それも業者・銀行からではなく裁判所からのものです。そういう環境なので、Aさんとしても別に確認されても恥ずかしくなかったんですね。職場の方もなれていたものと思われます。

派遣先か派遣会社のどちらかがそういう職場の場合、おそらく業者・銀行も配慮して、そちらにかけます。そういう職場だと、在籍確認をするオペレーターさんも気を使わなくていいので、楽だからです。

在籍確認の電話連絡をなしにしたい場合のやり方・方法

このように派遣先によっては電話連絡が問題なく行われる場合があります。

一方で派遣社員は個々に働き方が異なるため、一律に在籍確認を行うのは難しいという現実があります。派遣社員がスムーズに在籍確認を行って、審査に通るためにはどうすればいいでしょうか。

消費者金融のキャッシングは在籍確認の電話連絡なしがあり得る

派遣社員の人でも正社員の人でも、やはり職場への在籍確認はできるだけされたくないというのが本音でしょう。その場合は、プロミス・モビット・アコムのいずれかで申し込むことをおすすめします。

というのは、これらの3業者は、電話連絡なしで借りられるようになっているからです。特にプロミス・モビットは電話での在籍確認に対して要望がある場合、申込完了後すぐに相談して欲しい旨を謳っています。つまり条件次第で電話による在籍確認を回避できる、ということが公になっています。

プロミス・モビットで電話連絡なしにする方法

プロミス・モビットのどちらでも電話連絡を回避する相談ができます

電話連絡を無しにする条件は各社によって異なりますが、モビットは給与明細や会社の保険証などの書類の提出の他にも、追加の条件として「三井住友銀行」か「三菱東京UFJ銀行」の口座が必要になります。

銀行口座の条件を満たせるなら、モビットの方がおすすめです。普通のネット申込みで、そのまま自動的に在籍確認回避をできるからです。

逆に言えば、これらの口座が無いならプロミス一択となります。

銀行口座有りならモビット、口座がないならプロミスがおすすめ

プロミスは無人契約機や電話を使って、口頭で「電話連絡なしにしたい」という希望を伝える必要があります。これが少々面倒ですが、これさえクリアすれば、プロミスでも電話による在籍確認を回避できる可能性があります。

アコムの在籍確認を回避する方法は不完全

アコムはモビット・プロミスとは違い、在籍確認は必ずされます。しかし、その時職場が休みなどの理由で電話確認ができなかった場合、限度額10万円以下という条件で、融資されるというものです。

そして、後日あらためてアコムが在籍確認し、確認が取れたら限度額が増えるというやり方です。つまり、一度は必ず在籍確認されますし、一度借り入れした後も、また後日電話確認される可能性があるのです。

というわけで、完全に勤務先への電話連絡をなしにしたいという人には、アコムはおすすめできません。完全になしにしたい場合、プロミス・モビットが一番いいでしょう。

ちなみに、他の消費者金融、アイフルやレイク、ノーローンなどは在籍確認回避はできません。

銀行カードローンで在籍確認の電話連絡なしにできるのか?

これは基本できないとなっていますが、実は一部できるようです。たとえば三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックなら土日・祝日・夜間にテレビ窓口で申し込むと、職場が閉まっている場合などは、電話連絡なしでOKということもあるとのこと。ただしあくまでもいくつかの体験談による情報です。

また、楽天銀行スーパーローンも少額融資なら電話連絡なしになりやすい、という体験談や口コミが多くあります。少額融資というのは大体30万円以下のようですが、これも事実の可能性はあります。

派遣社員の人でもその他の人でも、在籍確認回避をする方法はあるので、これらも参考になさってください。

カードローンの在籍確認を違う方法でしてもらう

また在籍確認がスムーズにできないと悩む前に、現実的に在籍確認の目的をもう一度考えてみましょう。

カードローンの在籍確認は本当に働いているかどうかの確認

在籍確認は申し込み時に申告した勤務先で本当に働いているかどうかを確認するために行います。
ただし、これは「在籍」を確認するのが目的なので、給料がいくらかとか、勤務態度がどうか……といったことは聞かれません。

申し込み時に記入した勤務先で本当に働いているかどうかの確認=安定した収入があるかどうか

要はきちんと安定した収入を得ていることが証明できればいいということになります。

在籍確認の電話連絡に代わる方法を尋ねてみる

銀行カードローンを中心に多くの金融機関の公式サイト(カードローンの申し込み画面)では、「在籍確認に代わる方法」は書いてありません。しかし、自分は派遣社員で在籍確認が難しいということを伝えてみましょう。

実は最近は派遣社員として働く人が増えていて、実際に在籍確認が困難というケースが多くなっているのです。金融機関でも大っぴらには公表していませんが、事情を説明すれば、違う方法を提案してくれる可能性があります。

例えば、以下の書類を提出する方法です。

  • 収入証明書(源泉徴収票、給与明細書など)
  • 社員証
  • 健康保険証
  • 派遣会社との契約書など

これらの書類できちんと収入を得ていることを証明します。提出を求められた場合は指示通りに提出しましょう。ただし、派遣社員としての勤続年数が短い場合や年収が少ない場合は審査に落ちる可能性があります。

派遣社員は在籍確認が取れてもカードローンの審査は通りにくいって本当?

在籍確認は審査の方法のひとつですが、それだけでお金を貸すかどうかの結論を出すわけではありません。

カードローンの審査は在籍確認だけではない

カードローンの審査は在籍確認以外にも、いくつかの項目があります。審査内容や審査基準は金融機関ごとに決められていますが、社外に公開されることはありません。
そのため、もし審査に落ちた場合、何が原因で落ちたのかがわからないということになります。予想される審査内容としては、次の項目が考えられます。

  • 安定した収入があるかどうか
  • 他に借金がないかどうか
  • 過去に返済遅延や事故破産などの事故がないかどうか

これをいくつかの項目で調べていきます。

カードローンの審査は自己申告と外部機関を利用

カードローンの審査をする場合、まず本人が申し込み時に行う自己申告を見ていきます。例えば次の項目です

本人情報 氏名、生年月日、住所
勤務先情報 勤務先名、所在地、電話番号、勤続年数、業種・職種、役職など
収入に関する情報 年収、固定給か歩合給かなど
他社の借り入れ状況 他社でのキャッシング金額(住宅ローンや自動車ローンなどは省く)

さらに金融機関では「信用情報機関」にその人の金融事故の有無や他社の借り入れ状況などを照会して何か問題がないか調べます。
申し込み時には「他社の借り入れ0件」と書いていても、この信用情報機関に照会すれば実際の借り入れ件数や借り入れ金額がすべてわかってしまいます。下手に隠さない方がいいでしょう。

勤務先の規模はカードローンの審査結果には影響がない

カードローンの審査は上でも触れたように、さまざまな項目を元に判断されます。そのために「有名企業」や「大起業」「上場企業」だから審査に通り、「派遣社員」だから審査に落ちるということはありません。

大企業に勤めている人でも他社の借り入れが多いとか、返済遅延が続いている場合などは審査に通りません。「派遣社員だから借りられない」ということはないので、安心してくださいね。

派遣社員で収入が少ない人は要注意

ただし、派遣社員は正社員よりも収入が不安定な傾向があります。正社員の場合は会社の倒産やリストラなどがない限りは勤められますが、派遣社員は契約期間が終了すると、次の派遣先が見つかるまでは収入が途絶えてしまいます。

そのため、審査では収入や勤続年数などを見て判断されるでしょう。もちろん他社借り入れや返済遅延の有無なども厳しく見られます。

派遣社員で収入が不安定でも安易な借金は避けるべき

派遣社員は派遣先の景気が悪くなると「派遣切り」と言って派遣契約を終了させられることがあります。そのため、金融機関では「派遣社員は収入が安定しない」という前提で審査をすると考えられます。

また、派遣社員として働く人は、次の仕事が見つかるまでのつなぎ資金として安易にお金を借りるということのないように注意しましょう。借り入れ件数や金額が増えると審査に通りにくくなりますし、何よりも返済に困ることになります。

どうしても借りる場合は金利が低いところを選ぶようにしましょう。

あなたにピッタリのカードローン

在籍確認の電話を回避したい!そんな派遣社員のためのカードローン!

住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン

  • 口座があれば最短即日融資可能!
  • 最短即日審査!回答まで最短60分
  • 金利最低0.99%!最高1,200万円

口座開設も申込みも書類提出もすべてWEB完結!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日審査
Web完結
最短即日融資1,200万円0.99%~14.79%融資OK-
みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

  • 最短即日融資!急ぎの方もOK[
  • 30万円まで専業主婦も借入可能
  • 来店も郵送も不要で手軽に利用できる

200万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日
来店不要
最短即日融資1,000万円3.5%~14.0%
3.0%~7.0%
融資可能
専業主婦もOK
-

「借入審査」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP