10万円・30万円・50万円借りる場合、高額融資の方が審査は厳しくなる?収入や条件を調査

お金
キャッシングを利用する事情は人さまざま。必要な融資額も異なります。
このページでは、数百万円という高額融資ではなく、10万円・30万円・50万円を借りる場合の審査や条件などについてご説明していきます。

キャッシングで10万円・30万円・50万円を借りるのは難しくない!?

最近のキャッシングは最大の融資可能額が500万円~800万円と高額になっています。それに比べると10万円・30万円・50万円を借りるのはそれほど難しくないイメージがありますが、しかしそれでも審査はしっかり実施されます。

10万円・30万円・50万円を借りるときのキャッシングの審査内容

10万円と30万円・50万円を比較すると、50万円の方が高額なのでより審査が厳しいと思われるかも知れません。逆に10万円ならとても簡単に審査が通過すると思いがちですが、実は審査内容は借りる金額で大きく違うわけではありません。

キャッシングの審査内容

キャッシングの審査はその人の返済能力や信用度(与信)などを元に判断します。具体的にどのような内容を調べて、どんな基準で結果を出しているのかは一切わからないようになっていますが、次のようなことを調べていると考えられます。

これは申し込み時に記入する内容から予想したものです。

申し込み内容 ●目的と★具体的な内容
本人情報 ●信用情報機関への照会時に必要
●他人のなりすましを防ぐため
★氏名(ふりがな)、性別、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスなど
居住 ●返済遅延のときに連絡するため
★住所、持家か賃貸か、一戸建てか集合住宅(マンション、アパート、社宅、寮など)か、自己所有か家族所有か、居住年数、住宅ローン(家賃)の自己負担額など
勤務先 ●安定収入の確認
★勤務先名、所在地、電話番号、業種、職種、従業員数、勤続年数、年収、雇用形態(正社員、派遣社員、契約社員、パート・アルバイト、自営業など)、給与形態(固定給、一部歩合給、完全歩合給)など
他社借入 ●多重債務ではないか確認するため
★他社借入件数や残高などを信用情報機関に照会して調べる

たとえ10万円を借りる場合でも、このように多くの項目を審査します。

10万円・30万円・50万円を借りるときでもキャッシングでは信用情報が重要な要素

10万円・30万円・50万円を借りる場合でも、信用情報機関に登録されている内容はかなり重視されます。信用情報機関には下記の内容が登録されています。

登録内容 具体的な登録内容 登録される期間
本人を特定する情報 氏名(フリガナ)、性別、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、勤務先名、運転免許証の記号番号など 各項目が登録される間
申し込み情報 キャッシングやローンなどの申し込み先、申し込み商品、申し込み年月日 申し込みから6ヶ月間
契約内容 契約した会社(銀行)名、商品名、契約日、契約金額など 完済から5年間
返済・延滞情報 返済商品(返済先)返済日、返済金額、延滞情報、残高、完済日 完済から5年間
金融トラブルの有無 債務整理(自己破産、任意整理、個人再生など)の有無とその年月日 5年~10年間

金融機関ではこういった内容をさまざまな角度から審査して、融資が可能かどうか、いくらまで貸すかを判断します。

10万円・30万円・50万円の希望額が借りられない場合

10万円・30万円・50万円という額は数百万円のキャッシングと比較すると、それほど大きな額ではありません。しかし、お金を貸す側としては、万が一にでも返済されないと会社が損をするので困ります。

そこで、「この額なら貸してもいい」という融資可能額を審査で決定します。

キャッシング希望の融資額を下げられる場合

希望融資額を50万円で申し込んだのに、「今回は30万円まで融資が可能です」など融資額を下げてOKが出る場合があります。
その理由を問い合わせても決して教えてくれません。

このような場合は、審査過程でその人に何か問題があったのだと推測できます。

消費者金融では総量規制で融資額が下げられることも

消費者金融は貸金業法という法律の中の「総量規制」で、融資額の上限は年収の3分の1と決められています。この場合の融資額は消費者金融とクレジットカードのキャッシング利用分のことで、銀行カードローンや住宅ローン・教育ローン・自動車ローンなどは含まれません。

例えば年収300万円の人ならば、3分の1の100万円までが融資可能額になります。ところがすでに70万円を借りていたら、50万円の融資を申し込んでも満額の融資は難しくなります。
この場合、次のような計算で融資可能額は30万円までとなってしまいます。

100万円-70万円=30万円

もし、他社で借りていないのに希望融資額より少ない額での融資になった場合は、総量規制以外の何かが問題になったと考えられます。

希望の融資額より多くキャッシングで借りられる場合

申し込み時での希望融資額は10万円だったけれど、「審査の結果、30万円までの融資が可能です」という結果が出ることがあります。

これは「この人なら貸しても大丈夫だ」と判断されたからです。

キャッシングを実施する金融機関としては、多く貸すほど利息収入が得られます。そのため、信用できる相手には多く融資することがあるのです。

もし、そのような場合でも不要ならば断わって、当初の希望額通りに10万円で契約すればいいでしょう。また、今後お金が必要な場合に備えて会社の申し出通りに30万円で契約してキャッシング枠を作っておくというのもひとつの方法です。

キャッシングではまったく借りられない場合

審査の結果によっては「今回はご融資できませんでした」と断られる場合があります。その場合も、上で書いたように理由は一切教えてもられません。

ただ、まったく融資ができないというのは、次のように何らかの問題があると考えられます。

  • すでに複数で借りている多重債務者である
  • 何度も返済遅延を起こしている
  • ここ数年の間に自己破産や任意整理などの債務整理をしている
    など

このような理由は自分でも思い当たる点があるのではないでしょうか。

ブラックリストの情報が消えるまで待とう

よく「ブラックリスト」と呼ばれますが、実際にブラックリストが存在するわけではありません。
上記のような多重債務や返済遅延、金融トラブルなどは信用情報機関に登録されているので、審査時にすぐにわかってしまいます。
ただ、この情報は永久に保存されるというわけではありません。5年(長いものでも10年)ほどなので、その期間が過ぎればまた借りられる可能性があります。

審査に通らないからとあちこち申し込むのはダメ

10万円すら借りられない、完全に断られてしまった……という場合は、焦って他の会社に申し込もうとする人がいます。
その気持ちはよくわかりますが、その行動は結果的に自分の首を締めることになるので注意しましょう。

他社のキャッシングの申し込み情報も6ヶ月間、信用情報機関に登録されるからです。次にキャッシングを申し込んだ会社が審査をした場合に、すでに何社かに申し込みをしていることがバレてしまいます。

その結果、「この人は相当お金に困っているんだな」と判断されます。審査に完全に落ちた場合は、まずは6ヶ月間は他社申し込みを控えるようにしましょう。

その間に借りているところを少しでも返済することで、信用度を上げることができます。

キャッシングの利用実績を積むことで追加融資が可能になることも

今は希望する融資額が借りられなかったという人でも、がっかりする必要はありません。

今後、きちんと返済を続けることで信用度の評価を上げることができます。その場合、借りている会社から「追加融資が可能です」という連絡が来ることがあります。

また、自分から追加融資を申し込んでみるのもいいでしょう。その場合も他社の借入件数や残高が多いと審査に通らなくなります。自分から追加融資を申し出るのは、タイミングをよく考えることが大切です。

10万円・30万円・50万円という額には意味がある!?

キャッシングでは10万円・30万円・50万円という額は、ひとつの区切りの額だと言えます。

10万円は学生ローンで!?未成年でもキャッシングで融資可能な額

10万円という融資額はかなり少額です。
一部の学生ローンでは20歳未満の学生(高校生は不可)を対象に、10万円を上限に融資を行っています。

在籍確認ができない場合でも10万円は可能というウワサ

ネットなどでは在籍確認ができない場合でも、10万円までなら借りられるという情報がいくつか見受けられます。
ただし、これはあくまでもウワサであって真実ではありません。

基本的に在籍確認は審査の必須項目になっています。また、融資が可能かどうかは在籍確認だけで決まるわけではありません。信用情報機関の登録内容や年収など、さまざまな要素を勘案して判断されます。

なお、土日など職場が休みで在籍確認ができないがどうしても即日融資を受けたいという場合には、在籍確認以外の方法(給与明細書や健康保険証など)で働いていることを証明するなどの方法で10万円を借りることができるケースがあります。

これもケースバイケースで、誰でも可能というわけではありません。くれぐれも注意してください。

30万円は、無収入の専業主婦が銀行カードローンで借りられる金額

消費者金融では専業主婦は利用できません。ところが一部の銀行カードローンでは30万円(または50万円)までは借りることができます。

銀行カードローンの専業主婦の融資可能額

融資可能額 銀行カードローン
30万円 ・三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
・みずほ銀行カードローン70万円
50万円 ・ソニー銀行カードローン
・楽天銀行スーパーローン
・イオン銀行カードローン

なお、この場合も融資額は審査の結果で決まります。

50万円は、消費者金融でのキャッシングなら収入証明書なしでOK

消費者金融で収入証明書が必要なのは、下記の場合です。

  • 融資希望額が50万円を超える場合
  • 他社の借入額と合わせて融資額が100万円を超える場合

他社で借りていなくても、融資希望額が50万円を超えると収入証明書が必要になります。(この場合の他社とは、消費者金融、クレジットカードのキャッシングのことです。)

なお、これ以外の理由でも収入証明書の提出を求められる場合があります。そのときは必要なものを提出しましょう。

あなたにピッタリのカードローン

10万円・30万円・50万円の少額キャッシングならこのカードローン!

アイフル

アイフル

  • 1秒診断!融資可能かすぐに分かる
  • 審査も30分で完了!最短即日融資
  • 誰も知られず!カードを受け取れる

50万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短即日500万円4.5%~18%融資可能最大30日間
SMBCモビット

SMBCモビット

  • 最短即日融資で借入可能
  • 10秒簡易審査!可能かチェック
  • WEB完結申込で電話連絡なし

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に預金口座があればWEB完結可能

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
10秒簡易審査
来店不要
最短即日800万円3.0%~18.0%安定した収入があればOK-

「借入審査」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP