派遣社員でも即日融資でお金を借りたい!派遣がキャッシングする方法

派遣社員

派遣社員は正社員よりも雇用が不安定なので、キャッシングは難しいと思っている人がいるかも知れません。しかし、実際は派遣社員だけでなく、パートやアルバイトでもキャッシングは利用できます。

しかも、即日融資は当たり前の時代です。心配することなく利用できますよ。

派遣社員はキャッシングの審査に通りにくいはウソ!

「派遣社員はキャッシングの審査に通りにくい」と思っている人がいたら、それは間違いです!
派遣社員でもちゃんと審査に通り、即日でキャッシングが利用できます。

それなのにどうして「派遣社員は審査に通りにくい」とか「お金が借りられない」というウワサが流れるのでしょうか?

派遣社員とは

派遣社員なぜ派遣社員が審査に通りにくいというウワサが流れるのかというと、その立場にあります。

派遣社員とは人材派遣会社に雇用されて、派遣先の会社で働く人のことです。正社員とは異なり、定年退職までの雇用が安定しているということがありません。

そのため、派遣社員、契約社員、パート、アルバイトなど正社員以外の人は「非正規雇用」と呼ばれています。

派遣社員は派遣先の会社の業績次第で仕事がなくなる可能性があります。そのために雇用が不安定と言われるのです。しかし、近年はどこも人材不足で派遣社員の募集が多く、もし派遣先での仕事がなくなったとしても、別の派遣先で仕事に就ける可能性が高い状況です。

派遣社員の年収は低い?

派遣社員がキャッシングの審査に通りにくいと思われるもうひとつの理由に「年収が少ない」というものがあります。たしかに派遣社員にはボーナスがありません。しかし、時給や日給はパート・アルバイトよりも高いのが現実です。普通に1ヶ月働けば、正社員と変わらない、または正社員よりも多く稼いでいる派遣社員もたくさんいます。

年収に換算すると正社員と同等かそれ以上の収入を得ている人が多く、特に専門的な知識や技能を持っている場合は、高給の人が多く見られます。

今は正社員といえども安定していない!

正社員が安定していると言われたのは昔の話となりつつあります。

今は大手企業でも業績が悪化すれば大胆なリストラをしますし、新卒で就職した正社員でも早くに退職して転職する時代です。キャッシングでは正社員が必ずしも有利とは言えない時代になっています。

派遣社員の人も安心してキャッシングを申し込んでくださいね。

派遣社員が即日キャッシングの審査で注意すべき点

派遣社員であろうが正社員であろうが、どんな人でもキャッシングを申し込んだら審査があります。その人に返済能力があるかどうかを金融機関が調べて、融資可能かどうか、いくらまで融資するかを判断します。

派遣社員はここに注意!

キャッシングの審査は何かひとつの要因で決まるというものではありません。さまざまな要素を総合的に判断されます。

そのため、派遣社員だから不利というわけではないのですが、やはり審査に落ちてしまうと即日キャッシングは利用できません。

審査で特に注意すべき点をあげてみました。

  • 在籍確認を確実に終えること
  • 過去に返済の遅れがないこと
  • 他社の借入件数や残高が多くないこと
  • 年齢の割に勤続年数が短くないこと

では、ひとつずつ見てみましょう。

審査の中で在籍確認は重要

在籍確認とは申し込み時に記入した勤務先で本当に働いているかどうかを金融機関が確かめることです。
実際の電話は個人名でかけてきて、「〇〇さん(申し込んだ人)はいらっしゃいますか?」と聞くだけで終わります。そこで「どんな用件ですか?」と聞かれても、「キャッシングのことで」とは決して言わないので心配はいりません。

ただ、派遣社員の場合はこの在籍確認が難しいケースがあると言われています。

派遣社員の在籍確認は困難!?

派遣社員の雇用先は「人材派遣会社(派遣元)」です。そのため、申し込み時の勤務先は自分が登録している派遣会社の名称や電話番号を記入します。

しかし、実際に働いているのはそこではなく、派遣先の会社です。

金融機関が派遣元の会社に在籍確認の電話をしても、「個人情報なのでお答えできません」と言って断られることが多いようです。

確かに派遣会社には多くの人が派遣社員として登録していて、中には登録だけして実際は働いていない人もいますし、複数の派遣会社に登録している人もいます。

多くの派遣社員の名前すべてを電話に出た人が把握しているわけではないので、対応できないというのが現実なのでしょう。

キャッシングでは申し込み後にそのことを金融機関に電話で伝えてみてください。派遣先の会社名と電話番号を伝えて、そちらで対応してもらえる場合があります。

ただ、中には派遣先で自分あてに社外から電話があるのは不自然というケースもあるでしょう。その場合も金融期間に相談されるといいでしょう。

過去に返済の遅れがある人は要注意

これは派遣社員に限らずすべての人に言えることですが、過去にキャッシングやクレジットカードの返済を忘れたり、遅れたりした場合は、その履歴が信用情報機関に登録されています。

数10年も前のことは問題ないのですが、5年以内くらいの返済遅延や他社の借入履歴などは記録されています。それらが審査に影響を与えます。

申し込み時にあわててもどうしようもないので、日ごろから遅れないように注意しましょう。

他社に借入があるとキャッシングはできない?

「他社に借入があるから」という理由だけでキャッシングを断られるということはありませんが、あまり多い場合は審査に影響が出ます。

さらに消費者金融の場合は総量規制に抵触します。

消費者金融のキャッシングは総量規制に注意

総量規制は貸金業法で決められているもので、年収の3分の1以上を貸してはいけないというものです。対象は貸金業者(消費者金融)とクレジットカードのキャッシングです。他社を含めて年収の3分の1を超えると、それ以上は融資が受けられません。

派遣社員の場合でも正社員でも同じです。

もし年収が300万円の人ならば他社を含めて100万円までは融資が可能ですが、年収が90万円の人は30万円までしか借りられないということになります。

なお、実際の融資額は審査の結果で決まります。

勤続年数が短いと審査に不利?

学校を卒業したばかりの人は勤続年数が2~3年と短い場合でもそれほど問題にはなりませんが、年齢の割に勤続年数が短いと審査に影響を与える可能性があります。

その理由は

  • どこに行っても長続きしない人かも知れない
  • 何か問題があって辞めざるを得なかったのかも知れない

などとマイナスに受け止められがちです。

特に派遣社員の場合は、自分に合う派遣先や派遣会社とめぐり合うまでに何社か派遣会社を変わることがあります。その結果、勤続年数が短くなるケースがあります。

勤続年数は健康保険証でわかるようになっています。会社で受け取る健康保険証には「資格取得年月」が記載されています。健康保険証を本人確認書類として提出する場合は、ごまかしてもバレるので注意しましょう。

審査は総合的な判断で決まる

審査は勤続年数だけで決まるものではありません。今は正社員でも何度も転職をする時代です。勤続年数だけでなく、年収、他社の借入状況などを総合的に見て融資が可能かどうかを判断されるので、あまり心配することはないでしょう。

派遣社員が即日キャッシングするならどこがいい?

派遣社員などの非正規雇用の人でも、正社員でも、大手消費者金融なら即日キャッシングが可能です。銀行カードローンの中には即日キャッシングができないところや、即日キャッシングは平日のみというところがあります。

消費者金融で即日キャッシングが可能な時間帯

消費者金融で振り込み融資を受けるには、平日の午後2時までに申し込み、審査、振り込み依頼を済ませなければなりません。それ以降の時間や土日・祝日は自動契約機でカードを受け取ってからATMでお金を借ります。

自動契約機の営業時間
アコム 8:00~22:00※年中無休(年末年始は除く)
アイフル 8:00~22:00
プロミス 9:00~22:00※一部21時もあります。
SMBCモビット 8:00~21:00

ただし、ギリギリに申し込んでも審査が終わらないと即日キャッシングはできません。時間に余裕を持って申し込みましょう。

銀行カードローンで即日キャッシングが可能な時間帯

銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低いというメリットがあります。
即日の振り込みキャッシングは午後2時が締め切りですが、銀行カードローンは審査に時間がかかる傾向があります。
そのために振り込みを希望する場合は、平日の午前中に申し込みを済ませると安心です。

また、銀行カードローンは土日・祝日の即日キャッシングは対応していないところがあります。

銀行名 平日 土日
新生銀行レイク ●振り込みは14:00まで
●自動契約機8:45~21:00
●自動契約機8:45~21:00
(第3日曜日)8:45~19:00
三井住友銀行カードローン ●振り込みは14:00まで
●自動契約機9:00~21:00
自動契約機9:00~21:00
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」(※1) 振り込みはなし
●自動契約機20:00
自動契約機(土曜・祝日)10:00~18:00
(日曜日)10:00~17:00
イオン銀行カードローン(※2) ●平日14:00まで
●自動契約機はなし
×
楽天銀行カードローン 平日14:45
●自動契約機なし
×
みずほ銀行カードローン(※3) 平日の午前中に申し込むこと ×
オリックス銀行カードローン 即日融資はなし ×

(※1)三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の自動契約機でカードを受け取るには、運転免許証を持っていることが条件です。
(※2)イオン銀行カードローンは運転免許証を持っていることが条件です。
(※3)みずほ銀行カードローンはみずほ銀行に口座があることが条件です。

このように銀行カードローンにはさまざまな条件や制約があります。それらを理解した上で使いやすいところを選ぶようにしましょう。

あなたにピッタリのカードローン

即日審査、即日融資で人気があるのはこのカードローン!

プロミス

プロミス

  • 最短即日融資で即日の融資可能
  • WEB契約なら来店不要
  • 200行以上の銀行・コンビニで利用OK

50万円以下の借入は原則 収入証明書不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短1時間1~500万円4.5%~17.8%融資可能初回30日間
SMBCモビット

SMBCモビット

  • 最短即日融資で借入可能
  • 10秒簡易審査!可能かチェック
  • WEB完結申込で電話連絡なし

三井住友銀行または三菱UFJ銀行に預金口座があればWEB完結可能

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
10秒簡易審査
来店不要
最短即日800万円3.0%~18.0%安定した収入があればOK-
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

「即日融資」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」カードローン豆知識で申込みが一番多いのは?

TOP