カードローンの基礎知識のコンテンツ一覧

カードローンについて知っておきたい基礎知識

カードを掲げる

そもそもカードローンって何?

無担保&保証人無しで借りられる用途が限定されないローン商品

カードローンという言葉は聞いたことがあっても、その説明を求められたらどう説明したらいいのか分からないという人も多いでしょう。

特徴は、無担保、無保証人、用途が自由なこと

カードローンというのは、専用のカードを使って無担保&無保証人で借りることができるフリーローンの一種です。契約時に与えられた利用可能枠内であれば、何度でも借入をすることができるのが特徴です。

通常、ローンというとマイカーローンや教育ローンなどに代表されるように、融資を受けたら後は返済を続けていくだけというイメージがありますが、カードローンは専用のカードでATMから手軽に借入や返済をすることができるローン商品となっています。

キャッシングとはどこが違う?

キャッシングというのは、正確には「お金を引き出して借りる」といったような意味があります。中には昔の分け方で、「キャッシング=一括返済」・「カードローン=分割返済」といった説明がされることもあります。しかし、一般的な認識では、カードローンもキャッシングのひとつといって差し支えありません。

基本的にカードローンもキャッシングも同じ

キャッシングと聞いて、クレジットカードのキャッシング機能を真っ先に連想される人もいるかもしれませんが、それも間違いではありません。ATMなどからお金を引き出して借りることを全般的にキャッシングと呼びます。つまり、キャッシングというのは、「クレジットカードやローンカードを使ってお金を引き出すこと」という意味になり、現在ではキャッシングもカードローンも明確な線引きがなくなっているという実態があります。従って、キャッシング=カードローンという認識で問題ありません。

クレジットカードにもキャッシング機能が付いてます

クレジットカードにしても、もともとは一括返済が基本でしたが、現在ではカードローンと同様にリボ払いが一般的となっています。金利の違いこそあれ、カードローンもクレジットカードのキャッシング機能も同じように認識されているというのが現状ですから、「クレジットカードでキャッシングした」とか、「カードローンでキャッシングした」という使い方で何ら問題はありません。

カードローンにはどんなものがある?

銀行から消費者金融まで様々なものがあります

ひとえにカードローンといっても、銀行カードローンや消費者金融でのキャッシング、それにクレジットカード会社などが発行している信販系カードローンなど様々なカードローンが存在しています。

また、銀行などだけでなく、信用金庫や信用組合、JAなどの金融機関でもカードローンを取り扱っています。

目的に合わせてカードローンを選ぶことが大切

カードローンは数あれど、それぞれに特徴も異なっています。基本的には申し込み後に審査を行って、審査に通過すればカードが発行されるという流れはどのカードローンも同じです。

ただし、カード発行までのスピードも違いますし、それに伴って即日融資可能かどうかも変わってきます。また、金利もそれぞれに異なっているため、長期返済か短期返済かによって金利面でも注意する必要があります。

カードローン/キャッシングの種類

銀行系カードローンの特徴

銀行系カードローンは消費者金融系カードローンや信販系カードローンと比べても低金利で借り入れることができます。ただし、審査に関してはやや厳しめな傾向にあります。一部の銀行では自動契約機によって即日融資を受けられるところもあります。

消費者金融系キャッシングの特徴

消費者金融系カードローンは、審査体制が比較的柔軟で、大手消費者金融であればほぼ即日融資にも対応しています。ただし、金利が高めなので長期返済には不向きです。

消費者金融の多くが「30日間無利息」などの無利息期間を設けているため、短期間での返済を考えている方にはおすすめです。大手消費者金融であれば自動契約機も設置されているので、1時間程度という短い時間でローンカードの発行を受けることができます。

信販系カードローンの特徴

信販系カードローンは審査が長めで即日融資を行っているところはありません。平均的な金利設定は銀行系カードローンよりも高めですが、消費者金融系カードローンよりは低いという特徴があります。クレジットカード会社発行のカードローンということもあり、中には特典が付帯されているタイプのものも存在します。

カードローンの利用には総量規制にも注意して!

年収の1/3以上は借りられない!それが総量規制です

総量規制というのは、貸金業法という法律によって定められているもので、年収の1/3までの借り入れしかできないというものです。カードローンを利用するのであれば、自分の必要としている金額が年収の1/3を超えていないかどうかも意識しておく必要があります。

ただし銀行は総量規制の対象外です

カードローンの中でも、銀行系カードローンに関しては総量規制を気にすることなく借入することができます。消費者金融などはお金を貸すことのみを生業としているので、貸金業者ということになりますから「貸金業法」が適用されますが、預貯金など様々な金融商品を取り扱う銀行は貸金業者ではないため、貸金業法は適用されません。そのため、銀行系カードローンでは年収の枠に捉われることなく借入が行えます。

銀行なので審査は厳しめです

ただし、それなりの審査は行われるため、年収が低ければそれに見合った利用可能枠が設定されることになります。総量規制対象外だからといって、あまりにも年収とかけ離れた金額を借り入れることはできません。

クレジットカードのキャッシングも総量規制の対象です!

クレジットカードを利用している場合も注意してください。総量規制は、クレジットカードのキャッシング枠にも適用されます。従って、すでにクレジットカードでキャッシングをしている場合は、年収の1/3から現在借り入れている金額を差し引いた金額分しか借り入れることはできませんので注意しましょう。

通常のローンと違ってカードローンはなぜ金利が高めなの?

無担保で提供している分、金利を高めに設定しています

マイカーローンや住宅ローンなど、いわゆる「目的別ローン」というのはカードローンに比べて遥かに低金利となっていますよね?「同じローン商品なのになぜカードローンだけは金利が高いの?」という疑問を抱いてしまうのも決しては不思議ではありません。

目的別ローンとフリーローンは金利が段違い

カードローンというのは無担保でしかも使途自由というローン商品です。マイカーローンであればマイカーの購入資金でしか借入ができませんし、住宅ローンも住宅購入資金以外は借り入れることができません。 また、目的別ローンの場合は担保となるもの(車や家など)や保証人というものがあるため、万が一利用者の返済が滞ってしまっても貸し倒れリスクを低く抑えることができます。

無担保・保証人無しだからこそ金利が高め

ですが、無担保であるカードローンでは万が一貸し倒れという事態に陥ったときにそれを補うための担保がありません。そのため、他のローン商品よりも金利を高めに設定することで、貸し倒れリスクに備えているのです。

金利の無駄を把握して返済計画を立てましょう

契約する時はそれほど気にしていない金利ですが、何度も借入&返済を繰り返していくうちに返済も長期に渡り、金利もどんどんかさんでしまいます。

カードローンでお金を借りたらなるべく早めの完済を心掛けるようにし、短期返済なら消費者金融の無利息期間を活用したり、返済が長期に渡りそうならなるべく低金利のカードローンを選ぶなど、いかに金利の無駄を省くかを考えながら返済計画を立てる方法がベストです。

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP