専業主婦の審査って厳しそう!ラピッドの審査は主婦(主夫)にも優しい?

地銀・信金のカードローン 2016/9/13 3015view

北海道銀行カードローン・ラピッドについて、専業主婦(主夫)の借入可否と申し込み方法、審査などについて解説しています。地方銀行のキャッシングサービスでありながら優秀です。

同じ銀行なのに、A銀行カードローンでは専業主婦OK、B銀行カードローンでは専業主婦NGとなっているなど、銀行ごとに基準が異なっているというのも実に不便な話ですよね?

北海道銀行カードローン・ラピッドの場合はどうかと言いますと、専業主婦(主夫)でも気兼ねなく申し込むことができるカードローンとなっています。

主婦で審査が不安なら、迷わずラピッド!専業主婦(主夫)でも安心して申し込める!

消費者金融で専業主婦が融資を受けることはできない! ということはよく知られています。主婦でもパート勤務などで収入がなければ独断で申し込むことはできず、どうしても申し込みたい場合は配偶者貸付制度を利用して配偶者の同意を得た上で申し込まなければなりません。

ただしそれは、消費者金融や信販系カードローンに限った話で、銀行カードローンはそういった決まりがありません。専業主婦に融資をするかどうかは各銀行の判断によって決められています。

ラピッドは柔軟性の高い審査が魅力!専業主婦でも申し込みやすく借りやすい!

大手の銀行などでも専業主婦OKのカードローンもありますが、審査の柔軟性という意味ではラピッドがおすすめできます。ラピッドでは保証会社だけに審査を丸投げするのではなく、自行でもしっかり審査を行って融資を行っています。

保証会社の審査に左右されない”強さ”と”独自性”があるため、審査通過にやや不安を抱えている人でも審査通過の可能性という意味では大手よりも有利です。

専業主婦(主夫)がラピッドへ申し込む方法も簡単!専用フォームも用意されてます

専業主婦(主夫)は働いていない上に収入もないわけですから、申し込みの際の入力にも気を遣ってしまいますよね? 申込フォームや申込用紙が1タイプしかなかったりすると、勤務先の記入や収入の記入はどうしたらいいのか迷ってしまう人だっているでしょう。

そんなとき、サポートへ電話してオペレーターに直接問い合わせてしまえば手っ取り早いのですが、できれば手軽に申し込みを済ませたいと考えている人も多いため、直接問い合わせなければならないことに煩わしさを感じてしまい申し込みに躊躇したり取りやめたりしてしまうこともあるはずです。

ラピッドの申込み方法は簡単!専用フォーム&ガイド付きで迷うこともなし!

ただでさえカードローンへ申し込むのに気を遣ってしまうのに、申し込むフォームへの入力や申込用紙への記入方法で迷いたくありませんよね?

ラピッドではそうしたことを知ってか知らずか分かりませんが、実に「痒いところに手が届く」ほど申し込みしやすいシステムになっています。

申し込みはスマホで完結!主婦専用の申込フォームだからラクラク入力

専業主婦がパソコンやスマホから申し込む場合は「主婦」というところをクリックすれば専用の申込フォームで入力できますし、書類提出もWEB上で提出可能です。主婦専用の申込フォームには勤務先の入力項目もなく、保険種類と世帯年収さえ入力すればOKとなっています。

専業主婦OKの銀行カードローンによっては配偶者の勤務先名を入力しなければならないケースもありますので、そうした意味で言えばラピッドはとてもあっさりした入力だけで済んでしまうのです。

申込用紙には記入の仕方もガイドされています。

パソコンやスマホなどのネット環境だけでなくてもラピッドの申し込みは可能です。電話やFAX、そして郵送などでも申し込めますが、その際には申込用紙への記入が必要となります。

申込用紙は、勤めている人や主婦などといったような項目ごとに設けられているわけではなく、皆同じ用紙で申し込むことになります、ただし主婦の場合の申込用紙への記入方法が記載されていますので、そのガイドどおりに記入すれば大丈夫です。

素朴だけど重要な疑問!主婦は一体いくらまで借りられる?

いくら「申し込みしやすい! 借りやすい! 審査が柔軟!」と言われても、やはり最大の関心事は「専業主婦でいくらまで借りられるか?」という点に尽きると思います。

他の銀行カードローンを参考にしてみれば、およそ30万円~50万円ほどが限度となりますが、実際問題ラピッドはどうなのでしょうか?

ラピッドは明確な金額を提示していない!もしかして期待できる?

専業主婦でも借りることのできる銀行系カードローンの場合ですが、ほとんどは「専業主婦の方は○○万円まで」といったように、申し込み前からすでに限度額が決められています。

その金額も、大抵は10万円・30万円・50万円のいずれかが設定されています。少なくとも50万円を超えた限度額が設定されていることはまずありません。

実際に専業主婦がラピッドで借りられる限度額は50万円!?

そうなると、専業主婦がいくらまで借りることができるのか明確に記載されていないラピッドは、50万円を超える借入も可能なのか? とも思ってしまいたいところですよね。では実際のところはどうなのでしょうか?

確かにラピッドは審査難易度も比較的低めの銀行カードローンではありますが、審査基準に柔軟性があるからといって他行よりも多めに借りられるということはありません。つまり、ラピッドであっても、専業主婦が借りられるのはやはり少額融資の範囲内ということになるでしょう。どんない多く見積もっても、50万円の枠を超えることはないと考えて差し支えありません。

「審査に柔軟性がある=多めに借りられる」というのは間違いです

審査に柔軟性があるということと、多めに借りることができるということは決してイコールではありません。審査が柔軟というのは、「少ないながらも借りられる」ということになるので、融資額はあくまでも慎重な審査によって決められることになります。

極端な例を言えば、他行で100万円借りられる人がラピッドでは50万円までしか借りられないことだってあるでしょうし、逆に他行では融資不可であってもラピッドで10万円の融資を受けられることもあるでしょう。これがつまりは「審査の幅」とも言えるべきもので、「審査柔軟=融資多め」というわけではないわけですね。

ラピッドの審査には幅がある!だから審査に不安のある人でも借りやすい!

働いていない専業主婦や学生でもラピッドで借りることができるのも、ひとえにラピッドの審査の幅が広いからにほかなりません。

また、自営業者など審査上不利と言われる属性であってもラピッドなら可決率も高めです。この辺りも、ラピッドに審査の幅があるからこそなのですね。

カードローン難民にも優しいのが魅力!

審査の幅が狭ければ、当然弾かれてしまう人だって多くなりますし、それが審査の厳しいと言われる大手の銀行だったりするわけです。

ラピッドは、大手などで弾かれてしまった、いわゆる「カードローン難民」にとっても、優しく手を差し伸べてくれる貴重なカードローンということになるのです。

地銀としては貴重なWEB完結!初心者にもおすすめ!

ラピッドは、地銀のカードローンとしては非常に珍しいWEB完結も実現しています。カードローンのスペックにしても、決して大手に引けをとりませんし、サービスに関しては大手以上だと言ってもいいくらいです。

トータルで見ても、ラピッドの総合力は非常にハイレベルだと断言してもいいでしょう。初めてのカードローンでどこにしようか迷っているという人も、ぜひチェックしておきたいカードローンのひとつです。