おまとめローンや借り換えローンとして利用するコツ!他社からラピッドへ借り換える際の注意点

地銀・信金のカードローン 2016/9/13 3536view

北海道銀行カードローン・ラピッドのおまとめローン、乗り換えローンとしての利用について解説しています。ラピッドはおまとめローン利用、そして借り換え利用にもおすすめのカードローンです。

銀行系カードローンの魅力は、消費者金融などとは違って総量規制の影響を受けないところでしょう。そのため、カードローンを利用して複数の借金をまとめる「おまとめ」が可能であったり、銀行系特有の低金利を生かして他社から乗り換える「借り換え」にも利用できます。

ラピッドは地方銀行のため、もちろん総量規制の対象外。おまとめローンも借り換えローンも受け付けています。

北海道銀行カードローン・ラピッドはおまとめ利用可能?他社から乗り換えOK?

総量規制は今さら説明を加えるまでもないかもしれませんが、分かりやすく言うと「年収の1/3を超えて借りることはできない」というルールで、消費者金融や信販系カードローンなどの貸金業者のみに適用されます。

銀行はお金を貸すことだけを商売にしているわけではないので貸金業者ではありません。つまり、総量規制は気にする必要がないというメリットがあるわけですね。

ラピッドは総量規制対象外の銀行系カードローン!おまとめローンも借り換えローンもOK!

ではラピッドはどうかと言いますと、総量規制対象外の銀行系カードローンですので、他社からの乗り換えにも利用できます。つまり、おまとめローンとして、また、借り換えローンとして利用することも可能なのです。

ラピッドの場合、公式ページではおまとめや借り換え利用について触れていませんが、生活や消費に関することであれば使途自由なので、生活や消費に直結する「おまとめ」や「借り換え」としての利用もOKなのです。

本当におまとめ・借り換え利用ができるかどうか不安なら直接確認!

おまとめ利用や借り換え利用について、例えば公式サイトなどに「おまとめや借り換えにも!」というような文言が踊っていれば、おまとめ目的&借り換え目的で気軽に申し込めますが、公式サイトでそうした文言が見られないとなるとやはり不安ですよね?

自分の条件で「本当におまとめ&借り換えOKなの?」と思ってしまうのも当然です。

自分の条件で利用できるか心配なら電話で問い合わせてみましょう!

もし、どうしても疑念が拭えないようであれば、自身で直接問い合わせてしまう方が確実です。ラピッドなら24時間年中無休で電話対応してくれますから、知りたい情報にもすぐに答えてもらうことが可能です。

ラピッドは対応力も高いですし、電話したことで無理矢理契約を迫ってくるようなこともありませんので、安心して聞いてみて下さい。問い合わせは拍子抜けするほど簡単です。

ラピッドなら乗り換えも安心!銀行の中には乗り換えに消極的なところも!?

以上のように、ラピッドはおまとめや借り換えなど、他社からの乗り換えとして利用することができますが、同じ銀行なのに乗り換えに対して消極的な銀行カードローンも存在します。

カードローンの本来の役割としては、やはり借金の一本化というものではなく、「急な出費に備えるもの」という位置付けです。そのため原則使途自由であっても、本来の利用目的から逸れてしまう使い方を嫌がる銀行もあるということになります。

ラピッドはおまとめローンOK!でも審査上は通過率が低くなるのは否めない!

カードローンやクレジットカードのように、いわゆる「信用性」を求められる金融商品の場合、それを利用するためには審査を経なければなりません。これは皆さんも周知の事実ですよね?

もちろんラピッドも契約にあたって審査を行います。この審査における重要な項目のひとつに、「他社借入件数」というものがあり、これが審査結果に大きな影響を及ぼします。

他社借入額よりも他社借入件数の方が大事!

ラピッド始め、どのカードローンでも申込書には、他社からの借入状況を記入する項目があります。具体的には他社借入件数と、借入の総額を記入するわけですが、ここで問題になるのが「何件から借り入れているのか?」という点です。

例えば、現在他社からの借入金が50万円あるとしましょう。この場合、1件から50万円借りているのか、それとも3件から計50万円借りているのかで、審査上の信用性も変わってくるのです。この例で言えば、後者の方が審査通過率も悪くなります。

他社での返済状況がポイント!遅延が多ければ借り換えも厳しい!

他社からの借入件数が1件ならばともかく、複数の借入件数があるというのはやはり審査する側の心象を悪化させてしまう要因です。そこから垣間見えるのは、「一体何の目的でカードローンを利用しているのか?」という疑問点だけになってしまいますよね?

何件ものカードローンを利用しなければならないほど急な出費に見舞われるということはまずあり得ませんので、審査の上では「カードローン本来の目的に沿った使い方ができていない=計画性がない」という判断が下されてしまうのです。

自分の条件を振り返って、正直に相談するのが良いでしょう

逆に、借入額が多くても1件からしか借りていないのであれば、そこまで疑問を抱かれることはないわけです。また、複数社からの借入によって返済苦に陥り、遅延や延滞を繰り返していれば乗り換えどころの話ではなくなってしまいます。

いくら「おまとめや借り換えOKですよ」と謳っているカードローンへ申し込んだとしても、返済能力に難があると判断されてしまいやすいため、審査通過率も悪化してしまうことになります。

例えおまとめ利用が目的でも返済状況に不安を与えてしまうのはマイナス要因!

借金の一本化という意味ではメリットの大きいおまとめ利用ですが、それもこれも利用するためには審査に通らなければ利用することは叶いません。上でも述べたように、借入件数が多いばかりか、それに加えて返済苦に陥ってしまっている状態では、審査に落とされる可能性の方が高くなってしまいます。

借りても返せないというネガティブな要素が大きければ、いくらメリットの大きいおまとめ利用であっても、その恩恵にあやかれないことになりますよね。おまとめ利用や借り換え利用など、他社からの乗り換えを考えるのであれば、何を置いても借入れ件数が少ないこと、そしてこれまでの返済もしっかりと行われていることがポイントになります。

実際にラピッドは何件からの借入なら大丈夫?

借入件数が多いのはマイナス要因と言いましたが、実際には何件までなら大丈夫なのでしょうか? 実は、この基準は各カードローンによって様々なのです。

他社借入2件以上でNGというカードローンもあれば、他社借入4件までOKというカードローンもあります。その辺りの基準は極秘事項に値することでもあるので、明確な基準を知るのは困難です。

借入件数4件以内ならラピッドで借りられる可能性がある!?

多くのケースでは、借入件数5件を超えると、もはやどこのカードローンも審査が通らないとも言われていますので、カードローンの利用を考えるなら他者借入件数4件以内というのがひとつの目安となります。

ラピッドは、銀行系カードローンの中でも非常に審査が柔軟です。それもひとえに審査を保証会社任せにするのではなく、自行審査もしっかりと行っているからなのですが、それを踏まえて考えれば借入件数4件までであれば、申し込み基準は満たせるはずです。

審査通過OKになる根拠は柔軟性の高い審査体制!

もちろんそれとて推測の域を出ませんが、基準が一般に知られることが無い以上は、把握できる情報を多角的に見て結論を導き出すしか方法がありません。

ラピッドの場合は、学生も専業主婦もOKですし、自営業者や個人事業主にも柔軟性の高い審査体制で応じてくれます。それを鑑みて答えを導き出すとすれば、借入件数4件以内であれば、他社からの乗り換えとして申し込むことができるでしょう。

安易に申し込むのではなくまずは相談しながら申し込みを行いましょう

ラピッドは、申込者とのコミュニケーションをとても重視しています。つまり、おまとめや借り換えといった利用方法を考えているなら、まずは電話でその旨を直接伝えつつ、相談しながら申し込むようにするのがおすすめです。

コンピューターに頼った自動審査ではなく、人の目で確認しながら審査を進めてくれるため、事情によっては審査に融通を利かせてくれる可能性もゼロとは言い切れません。