年収100万円からのキャッシング! フリーターが借りられる限度額とは?

フリーター

年収100万円でもキャッシングは問題なくできます。フリーターやアルバイトの方がこのくらいの年収になるでしょうが、自分の収入がこのくらいの金額あれば、借り入れ自体は問題なくできるのです。

もちろん、限度額は多少小さくなります。「年収の3分の1まで」という総量規制のルールに従えば、年収100万円なら33万円が限度(切り良く30万円になります)。

年収100万円で初めてキャッシングの場合、10万円程度のことも

年収100万円あれば、どんなアルバイト・フリーターの人でも、必ず30万円の限度額がもらえるというわけではありません。

初めてキャッシングの場合は、これまでの借り入れや返済の実績がないので、10万円程度で様子を見られるという場合もあります。

年収100万円で限度額が10万円になるケース

限度額がいくらになるかは、業者・銀行によって異なるので一概には言えません。しかし、下のようなケース・条件だと、年収100万円のフリーターの人でも、限度額が10万円になることが多いです。

  • 勤続年数が短い(3ヶ月程度など)
  • 年収の100万円を、まだ達成したわけではない(見込み)
  • 以前に軽い返済トラブルを起こしている
  • 初めてキャッシングである
  • 一人暮らしで、居住年数(月数)が少ない
  • 家賃などの固定出費が多い
  • アルバイト先が不安定な職場である

条件はまだ無数にありますが、要するに「全体的に30万円を貸すに値する信用度ではない」という場合、10万円程度の限度額になります。

逆に言えば、すべてこれらの条件と逆で「30万円くらい問題なく融資できる」という信用度の人であれば、限度額は30万円になります。

年収100万円で、限度額が50万円になることもある

実は、年収100万円の場合の借入限度額は、最高で50万円程度になることもあります。

というのは、消費者金融でなければ総量規制のルールを守る必要がないからです。つまり、銀行カードローンだったら、それだけ借りられることもあるんですね。

実際に、新生銀行カードローン・レイクのお借入診断で入力してみると、年収100万円なら「50万円」まで「ご融資可能と思われます」と出ます。

同じように、銀行カードローンはどこも理論的には「年収の半分程度」までOKなのです。

「銀行カードローンなら年収の半分まで」というのは、目安

この「年収の半分まで」というのは、あくまで目安です。実際にはやはり3分の1で終わることも多いですし、「このくらいのクレジットヒストリーだったら、半分まで借りられる」という基準があるわけではありません。

あくまで「最大で半分まで借りられる」という目安と考えてください。

そして、消費者金融の場合は先にも書いた通り「3分の1」が限度です。これを超えることは、おまとめローン以外はありません。(おまとめローンというのは、借金の一本化専用の借り入れプランです)

返済実績を積み重ねることで、限度額は増額される

もし最初に設定された借入限度額が、希望に満たない金額だった場合。

別に悲観することはありません。コツコツ返済実績を積み重ねることで、キャッシングの限度額は増額されていきます。

特に難しいことはありません。遅延・延滞をせずに、予定通り地道に返済するだけです。

あまりたくさんまとめて返済する必要はありません。「たくさん返済している、代わりに1回遅延があった」という人より「毎月少額しか返済していない。しかし、遅延は一度もない」という人の方が信用されます。

キャッシングの世界では、とにかく安全運転が全てなのです。安定して一定の金額を常に返済し、一定の利子を払い続けてくれる…、そういう人が、カードローン業者には歓迎されるわけですね。

限度額が増えると借りすぎる危険があるので注意

カードローンの借入限度額が増えるというのは、自分が評価されたようでうれしいもの。しかし、これは言うまでもなく落とし穴でもあります。

借入限度額がたくさんあると、人間は大抵フルで借りてしまうもの。これは年収1000万円などの「かなり稼いでいる」人でも同じです。

もっと低い年収の人からしたら「手持ちの現金だけで十分だろう」というレベルの人たちでも、住宅ローンを組んだり自動車ローンを組んだりして、いろいろ高価な買い物をしているわけです。

こういう現実を見ても「借入限度額が増える」=「いいこと」とは限りません。

キャッシング破産につながる危険も当然ありますから、増額されたらされたで「ああ、自分はそのくらいの信用度(クレジットスコア)があるんだな」と前向きにとらえ、増額されなくても「破産のリスクが、これで小さくなったな」と思うことです。

フリーターという職業自体は、特に不利にならない

アルバイト

最後に補足しておくと、キャッシングの審査で「フリーター・アルバイト」という職業は、実はそれほど不利になりません。それよりも、過去のクレジットヒストリーの方が審査結果を左右します。

「正社員・公務員だけどクレジットヒストリーが悪い」という人よりは「フリーターだけどクレジットヒストリーがいい」という人の方が信用される…ということを覚えておいてください。

あなたにピッタリのカードローン

フリーターが限度額いっぱいまで借りるならこのカードローン!

住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン

  • 口座があれば最短即日融資可能!
  • 最短即日審査!回答まで最短60分
  • 金利最低0.99%!最高1,200万円

限度額300万円までは所得証明不要

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日審査
Web完結
最短即日融資1,200万円0.99%~14.79%融資OK-
楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 専業主婦が50万円まで借入可能!
  • 最短即日審査で審査が早い
  • おまとめローンも可能!乗り換えOK

200万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日契約後最短即日800万円1.9%~14.5%融資可能-

「借入審査」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP