キャッシングはいざというとき役に立つ! 専業主婦は審査だけでも通っておこう

お金がない
家計を預かる主婦としては、お金は上手に使いたいものです。でも、節約していても、急な出費は発生します。そんな場合はカードローンが便利なのですが、主婦がカードローンを借りる場合、審査は通りにくいのでしょうか?

カードローンの申し込みを済ませておくと、いざという時役立ちます。そのため、現時点では特に利用する予定がない人でも、たとえば銀行カードローンの申し込みだけしておくというのもありでしょう。

カードローンの審査は主婦は不利?

主婦結論から言うと「主婦だから審査が通りにくい」ということはありません。

特に家計を支える専業主婦の方の場合、家族のために急に出費が必要になる…ということもあるでしょう。そのような時の備えとして、カードローンは役立ちます。

ただし、専業主婦は消費者金融や一部の銀行カードローンは申し込み自体ができませんが、パートやアルバイトで収入を得ている主婦ならばほとんどのカードローンで申し込みができます。

融資が可能かどうかは「主婦かどうか」で判断されるのではなく、総合的な視点で審査されます。

カードローンの利用条件をチェック

カードローンの利用条件を見てみましょう。

消費者金融 ・20歳以上
・定期的に安定した収入を得ていること
・パート・アルバイトの主婦でもOK
銀行カードローン ・20歳以上
・定期的に安定した収入を得ていること
(パート・アルバイトでもOK)
・配偶者に安定した収入がある人(※)

(※)銀行カードローンの中には専業主婦は利用できないところがあります。

主婦でも働いていれば消費者金融も銀行カードローンも利用は可能

各金融機関のカードローンの利用条件を見てみると、主婦であってもパートやアルバイトなどで自分で働いて収入を得ていれば申し込むことができます。

つまり「主婦だから……」という理由で審査に落ちるということはありません。
住宅ローンなど高額ローンの場合はパート・アルバイトの主婦は審査に通らない可能性がありますが、数10万円を借りるカードローンの場合はほぼ問題なく利用できます。

もし主婦の人がカードローンの審査に落ちたとしたら、それは「主婦だから」ではなくそれ以外の原因があると考えられます。

カードローンの審査のポイントは?

カードローンの審査はどんな場合に落ちるのでしょうか?

誰もが気になるところですが、実はカードローンの審査の内容や基準は一般に公開されていません。
そのため、どんな点が審査でマイナスになるのかはわかりませんが、基本的に「その人に返済能力があるかどうか」「お金を貸しても大丈夫かどうか」を見て判断されます。

カードローンの審査内容は?

申し込み時に記入する内容は、本人の氏名・住所だけでなく生年月日や勤務先などを細かく記入しなければなりません。
これは審査に必要だからです。

記入すべき内容から、どんな点を審査するのかが見えてきます。
申し込み時の記入項目は金融機関によって多少違いますが、次のような内容を聞くことが多いようです。

具体的な記入内容
本人を特定する情報 氏名(ふりがな)、性別、生年月日、メールアドレス、電話番号など
住居に関する情報 住所、郵便番号、住居の形態(戸建て、マンション、アパート、社宅・寮など)、自己所有か家族所有か、家賃・住宅ローンの負担額、居住年数など
勤務先に関する情報(※1) 勤務先名、住所、郵便番号、電話番号、業種、職種、入社年月(または勤続年数)、従業員数、雇用形態(正社員、派遣社員、契約社員、パート・アルバイトなど)、固定給・一部歩合制・完全歩合制かどうか、年収など
他社借入に関する情報(※2) 他社での借り入れ件数と残高
融資希望額 いくら借りたいか

(※1)勤務先:専業主婦は配偶者の勤務先名と年収のみを記入
(※2)他社の借入件数と金額:住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどは含みません。

カードローンの申し込み内容で何がわかるの?

申し込み時にこのような内容を聞くのは、それぞれに理由があります。
記入する内容から何を審査しているのか、見てみましょう。

本人に関する情報

本人の氏名や生年月日、性別などは信用情報機関に照会する際に利用します。
現在と過去数年間にカードローンやキャッシングなど金融商品を契約した場合は、その記録が信用情報機関に登録されています。
例えば他社での借り入れ内容や返済の遅れ、また自己破産や任意整理などの金融事故情報も見ることができます。

もちろん本人情報の入力とともに運転免許証など本人確認書類も提出します。これは他人になりすましての申し込みを防ぐ目的もあります。

住居に関する情報

住宅ローンを自分の名義で組んでいる人は「負債(借金)が多い」というマイナス評価ではなく、「それだけ大金を借りることができる人」として信頼度が高いとみなされます。そのため「持家(自己所有)」は審査に有利と言われます。

ただ、主婦の場合は自分の名前で住宅ローンを組むケースはほとんどありません。
それでも住所や住居形態などを聞くのは、万が一返済が遅れた場合の連絡先を聞いておくという目的があります。

また、賃貸は持家(家族所有を含む)よりも転居がしやすいため、返済できなくなったら連絡なしにどこかに引っ越すのではないか…という目で見られる可能性があります。

そういった意味も含めて住居に関する内容を記入させるのですが、もちろん賃貸だから審査に落ちるとか、一戸建てが有利でアパートは不利とか、そういったことはありません。

勤務先に関する情報

どこで何年くらい勤務して、年収はどれくらいか……を聞くのは、やはり返済能力があるかどうかを確かめるためです。

例えば新卒ではなく年齢が高い人がまだ勤続1年という場合は「仕事が長続きしないタイプなのか?」と思われる可能性があります。
また、主婦でも個人事業主として仕事をしている場合は収入が不安定とみなされることがあります。

そのために勤務先情報や勤続年数、雇用形態などをくわしく聞くようになっています。

他社の借入状況と希望する融資額

他社で借りているともう借りられないのか……と言えば、決してそんなことはありません。

ただ、消費者金融では他社の借入を含めて年収の3分の1以上は借りられません。これは「総量規制」で決められています。
年収が300万円の人は100万円まで、年収が90万円の人は30万円までしか借りられません。

審査では、年収と他社の借入金額と希望する融資額のバランスを見られます。
主婦でも働いていれば、消費者金融ならば年収の3分の1までは借りることができます。

なお、銀行カードローンは総量規制というルールがないので、融資額は審査の結果で決められます。
この場合も年収額や他社での借り入れ状況、希望融資額などを総合的に審査されます。

主婦のカードローンの審査は返済能力があるかどうかがポイント

これらのことを総合すると、主婦でもカードローンの審査は「本人に返済能力があるかどうか」がポイントになります。
年収と借入額(すでに借りている額と新規で借りる額)のバランスが重要です。

例えばパートで年収120万円の主婦がカードローンで20万円借りたいという場合、他社で借りていない、過去に自己破産をしていないなどの場合は審査に通ると考えられます。

一方、正社員で働いている主婦で年収が400万円ある場合でも、すでに他社(銀行カードローンを含む)で200万円借りている場合は消費者金融では借りられません。
銀行カードローンでも審査の結果で融資可能かどうかが判断されます。

なお、専業主婦が銀行カードローンで借りる場合は上限が30万円~50万円までとなっています。この場合も他社の借入状況や返済の遅れがないかどうかなどを総合的に判断されます。

カードローンに申し込みをしても、信用情報の問題はない

多くの人が持っている間違った常識として「カードローン・キャッシングに申し込みすると、それだけで信用情報にキズがつく」というものがあります。

しかし、信用情報でマイナスになるどころか、むしろプラスになることもあるということを知ってください。

信用情報でマイナスになるのは「審査落ち」の履歴だけ

カードローンの申し込みが信用情報でマイナスになるとしたら「審査に落ちた」場合のみ。それも記録されるのは6ヶ月だけです。

これとは逆に「審査に通った」場合、これはむしろ個人信用情報でプラスになります。というのは「それだけ他社から信用されている」という証拠になるからです。

たとえばプロミスの審査を受けて、通過した経験がある。そして、その後モビットで申し込みした―。

この場合、モビットの審査部の人は「おお、プロミスさんの審査に通ってる。ということは、信用できる人だろう」と思うわけです。(わかりやすく言うと)

そのため、カードローンの申し込みの履歴は、「審査通過さえすれば」むしろプラスになるんですね。これも立派なクレジットヒストリーとして評価されるのです。

審査通過しても、すぐに借り入れする必要はない

消費者金融でも銀行カードローンでも、審査に通った後、すぐに借り入れする必要はありません。とりあえずいつでも借りられるようにしておいて、そのまま放置しておくというのでも別にいいのです。

もちろん、ほとんどの人は「すぐにお金が必要」なので、これらのカードローンに申し込みします。そのため、大抵は「審査通過→そのまま借り入れ」というパターンなのですが、別に必要ない場合、そのまま借りなくてもいいのです。

すぐ借りてすぐ返済するなら、利子はほとんどなし

いざという場面で、カードローンを利用して、数万円だけ借りてすぐ完済するというやり方の場合、利息はほとんど発生しません。

これが逆に、カードローンを利用できない場合

たとえば眠らせておいた定期預金を解約したり、あるいは手数料のかかる銀行口座から振り込みをしたり…。という風に、何らかのロスが発生します。

上に書いたような原因でなくても「急な出費に対応すると、無駄金が発生する」というのは、誰もが経験で知っているでしょう。

カードローンで現金を用意できれば、無駄金が発生しない

これに対して、カードローンによってすぐに現金を用意できれば、こうしたムダな出費は発生しないことが多いんですね。

カードローンは5万円を1ヶ月借りても、750円の利息しかかかりません

銀行カードローンなら、さらに金利が安い

これは消費者金融の場合で、金利がさらに安い銀行カードローンだったら、せいぜい500円程度です。1ヶ月借りてこれですから、1週間程度で返済するなら、100円かかるかどうか…という程度なんですね。

このように賢く限定的に使うなら、実はカードローンの利息というのはまったく怖くないのです。

慢性的に借金に頼ってしまうような人だけが、カードローンの利息に苦しむのです。「本当に必要な時だけ」使う人なら、むしろ自力で解決するより、よほどお金のムダがなくていいんですね。

上限金利が安い銀行カードローンがおすすめ

専業主婦のキャッシングの場合、パート収入があれば、プロミス・モビットなどの消費者金融でも申し込みできます。しかし、パートをしていない場合、銀行カードローンしか申し込みできません。

そのため、銀行カードローンからおすすめを紹介すると、やはり「上限金利が安い」というのが重要。というのは、専業主婦の借り入れのような10万円未満の少額融資では、「上限金利」が適用されるからです。

キャッシングの上限金利・下限金利とは何か

キャッシングの金利は、固定ではありません

たとえばみずほ銀行カードローンだったら「4.0~14.0%」というように、幅があります。

借入金額が最大(みずほ銀行なら1000万円)の時は、下限金利(4.0%)が適用されます。そして、普通の金額の借り入れだったら、14.0%の方が適用されるんですね。

このように、専業主婦のキャッシングの場合は大抵「高い方の金利」が適用されます。というわけで、この高い方の金利…つまり上限金利が安い銀行カードローンで申し込む、というのがいいわけです。

専業主婦が借りられない銀行カードローンもある

その他の注意点としては、専業主婦では借り入れ不可という銀行カードローンもあるということ。大手だと三井住友銀行カードローンやオリックス銀行カードローンなどがそうです。

そうした一部の例外を除けば、あとはどの銀行でも、専業主婦で借り入れ可能となっています。

ただ「夫の同意書が必要」という銀行もあるので、夫バレ・旦那バレしたくない人は「夫の同意書不要」の銀行で借りるようにしましょう。

イザというときのために~主婦でもカードローンの審査は受けておくと安心

旦那さんの給料を自分で管理している主婦も、旦那さんと奥さんで家計費を分けて管理している主婦も、どんな場合でも急にお金が必要という場面はあるものです。

銀行に十分な預金があれば安心ですが、そうでもない……という場合はカードローンが助かります。

カードローンの審査は時間がかかる?

ただし、カードローンの審査は時間がかかる場合があります。

消費者金融の審査は土日もOK

消費者金融(アイフル、アコム、プロミス、モビットなど)の審査は土日・祝日も実施しています。

ただし、振り込みでの融資は銀行が休みのためにできません。
また、審査の過程で職場への在籍確認の電話があります。これは職場に金融機関の審査担当者が個人名で電話をかけて、「〇〇さんはいらっしゃいますか?」と聞くだけですぐに終わります。

ただ、職場が休みで誰も電話に出ないと、在籍確認が取れず審査が完了しません。つまり、お金が借りられないということになります。

銀行カードローンはほとんどが平日のみ

銀行銀行カードローンは多くのところが営業日(平日)のみの対応です。

一部、下記の銀行では土日審査も実施していますが、この場合も職場の在籍確認は必要です。

借り入れ先 土日祝日の利用時間
新生銀行レイク 自動契約機8:00~22:00
三菱東京UFJ銀行 自動契約機
・土曜・祝日10:00~18:00
・日曜10:00~17:00
三井住友銀行 自動契約機9:00~21:00

主婦でもカードを作っておくと安心

このように土日・祝日にカードローンの申し込みをして審査を受け、その日のうちに借りることはなかなか大変です。

しかも、主婦の場合、次のように急な出費は土日に起こりがちです。

  • 急に子どもが病気やケガをして病院に行き医療費がかかった
  • 急にレジャーに行くことになった
  • 親戚に不幸ができてお金が必要
  • 旦那が急に出張が決まり、お金を渡さないといけない
  • 急に友達に誘われてランチや遊びに行った

こういったときにカードローンを申し込んでいては間に合いません。

そこで、何もないときにカードローンを申し込んで審査を受けておくといいでしょう。
気持ちや時間に余裕があれば、どのカードローンがいいか落ち着いて選ぶことができますし、必要書類をそろえたり、在籍確認の電話に備えたりといった準備も万全にできます。

イザというときに慌てないためにも、主婦こそカードローンの審査を受けておくといいでしょう。

あなたにピッタリのカードローン

困ったときにすぐ借り入れ!主婦が押さえておくべきカードローン

アイフル

アイフル

  • 1秒診断!融資可能かすぐに分かる
  • 審査も30分で完了!最短即日融資
  • 誰も知られず!カードを受け取れる

50万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短30分
来店不要
最短即日500万円4.5%~18%融資可能最大30日間
SMBCモビット

SMBCモビット

  • 最短即日融資で借入可能
  • 10秒簡易審査!可能かチェック
  • WEB完結申込で電話連絡なし

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に預金口座があればWEB完結可能

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
10秒簡易審査
来店不要
最短即日800万円3.0%~18.0%安定した収入があればOK-

「借入審査」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP