キャッシング審査通過率100%を目指せ!自営業・フリーランス

自営業

自営業・フリーランスの人がキャッシングの審査通過率を上げる方法はいくつかあります。

一番いい方法は、法人化がまだの場合、法人化するということ。それも株式会社が一番信用されます。

その他は、現時点で借り入れがある場合、それを少しでも返済する。複数の借り入れは一つにまとめるなどの方法があります。

これらは、自営業やフリーランスの人だけでなく、会社員・OLの人などと同じです。

「事業者向けローン」だったら、総量規制対象外で借りられる

自営業やフリーランスの人だけが使えるテクニックとして「事業者向けローンで借りる」という方法があります。

事業者向けローンは「総量規制対象外」なので、すでに年収の3分の1まで借りている場合も、追加で借りることができます。

事業者向けローンは、個人の生活費に利用してもOK

事業者向けローンというからには、全額事業用に投資しなくてはいけないと思う人も多いでしょう。しかし、実は生活費に使ってもいいのです。それも公に許可されています。

たとえばアコムプロミスはビジネスローンを提供していますが、プロミスは利用用途を「事業費・生活費」としていますし、アコムは「自由」としています。つまり、この2つの業者であれば、使い道は完全に自由なのです。

事業用限定の消費者金融もある

同じ消費者金融でも、アイフルのビジネスローンの場合は「事業用限定」となっています。この場合は、事業に使う時以外借りられませんが、アコム・プロミスの2つの業者があれば、どちらかで借りることは可能でしょう(大抵の場合)。

経費を少な目にして、個人所得を多く申告する方法もあるが…

個人事業主や自営業の人がカードローン審査に通りにくい理由

「仕事が不安定」というだけではないのです。

これは自営業・フリーランスの人が誰よりも知っているでしょうが、これらの職業の人は、「年収をできるだけ低めに申告する」んですね。

かかった費用をできるだけ「事業経費」として申告し、個人所得を少なくするのです。そうすれば所得税がかからないですからね。

だから、日本の自営業・フリーランスの人たちの年収は、実際にはもっと多いのです。ただ「わざと」少なく申告しているため、カードローン審査にも通りにくくなっているんですね。

この逆をやって、必要経費を申告せず、個人所得を多めにすればいいのですが、こうしたら税金が増えるだけです。キャッシング審査に通るために多く税金を払うというのは、個人的にはおすすめできません。

一番いいのは、やはり支出自体を少なくして、カードローンなどに頼らなくていいようにすることなのですが…。

法人化していると、カードローン審査も通りやすい

基本的にカードローン審査での信用というのは、世間の信用とある程度一致します。そのため「個人事業主です」と名乗るよりは「株式会社の代表です」と名乗る方が、キャッシング審査でも有利になります。

もちろん、法人化は合同会社でも株式会社でも、すぐにできるものではありません。最低でも3週間程度、7万円~25万円程度はかかります。

それだけに、以前からそれをしていて、法人の代表として働いている人は、キャッシング審査でも通りやすくなる…ということなのです。

事業での借り入れがある会社の場合、逆に不利になることも

ただ、会社の代表者で、その会社で事業の借り入れがある場合。たとえば「銀行から1億借りている」などですが、これは著しく、カードローン審査でも不利になることがあります。

というのは、日本の法律では「会社の借金=代表者の借金」になるからです。連帯保証人などの形式で、背負うわけですね。

つまり、こういう大掛かりな事業をしている人の場合、普通の自営業の人より「よほど危険」なのです。ビジネスとしては立派なことをしていますが、そんなことはカードローン業者にとってはどうでもいいんですね。

カードローン会社にとって大事なのは「リスクの少ない人に融資する」ということ。この点事業での借り入れが多い法人の代表者…というのは、逆に審査に通りにくいと思ってください。

事業の継続年数が長い個人事業主は、審査に通りやすい

同じ個人事業主という立場で、年収も同じだったとしても「事業の継続年数が長い」というのは、審査で有利になります。長く事業を継続している以上、そう簡単に辞めないだろうという判断ですね。

これは会社員・OLの「勤続年数」や、自宅の「居住年数」とまったく同じです。長く一つのことを続けている人は、そのまま続ける可能性が高いですし、同じ場所にいる人は、居続けることが多いのです。

そういう安定性はカードローン審査の鍵なので、個人事業の場合も、事業の継続年数が長いと高く評価されます。逆に言えば、事業を始めたばかりの人は不利なわけですが、これは事業全般で言えることです。

カードローン審査だけのことではないので、起業した時点でそういうものだと思い、甘んじて受け入れてください。

あなたにピッタリのカードローン

自営業・フリーランスがお金を借りるならこのカードローン!

住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローン

  • 口座があれば最短即日融資可能!
  • 最短即日審査!回答まで最短60分
  • 金利最低0.99%!最高1,200万円

限度額300万円までは所得証明不要

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日審査
Web完結
最短即日融資1,200万円0.99%~14.79%融資OK-
楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

  • 専業主婦が50万円まで借入可能!
  • 最短即日審査で審査が早い
  • おまとめローンも可能!乗り換えOK

200万円以下の借入なら収入証明書原則不要!

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
最短即日契約後最短即日800万円1.9%~14.5%融資可能-

「借入審査」の関連コンテンツ

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP