無利子のカードローンは本当にお得か?利息0円の理由を検証!

カードローンの返済 2020/6/10 3984view

カードローンの無利子のサービスはお得です。利息ゼロ円でも業者が融資する理由は、これで利用者がリピーターになってくれるため。無利息期間の融資については赤字でも、その後取り戻せるのです。

利息0

無利子のカードローンは、確実にお得です。「消費者がお得だったら、業者が損をするんだから、利息ゼロ円には何か裏があるのでは?」と思う人もいるかも知れません。

確かに一時的には損です。しかし、大抵の人は一度キャッシングの味を覚えると、その後も継続して利用するもの。そのため、結果的に無利息期間によって新規の利用者を増やした方が、カードローン会社は得するのです。

無利息期間のシステムがある消費者金融の一覧・比較

消費者金融で無利息期間がある会社は、「30日間無利息」の場合「プロミスアコム」です。そして「1週間無利息」ならノーローンです。合計3社ですね。

その他の大手はモビットアイフルですが、モビットは無利息期間をもうけていません。そしてアイフルは近年、ついに30日間無利息を提供し始めました。

この点、消費者金融の中で利子総額を比較すると、どうしてもこのモビットは不利になります。というのも消費者金融の金利はみんな横並びでほとんど同じなので、無利息期間の分だけで利子総額に差がつくのです。

以下では無利息の老舗のアコムとプロミスを例に挙げて説明していきます。

30日間無利息は初回のみ、1週間無利息は何度でも

上に書いた30日間無利息と1週間無利息の違い。これは「30日間無利息…初回のみ」で、「1週間無利息…何度でもOK」ということ。

つまり、アコム・プロミスを以前に利用したことがある人は、30日間無利息はもう適用されないということですね。

これに対して、ノーローンの1週間無利息は、以前に利用したことがあっても、何度でも適用される…ということです。

ノーローンとプロミス・アコム、どちらが得か?

ノーローンとアコム・プロミス、どちらの無利息期間が利用者にとってお得か…これは何とも言えません。

基本的に、多くの人にとってお得なのは「30日間無利息」

理由は簡単で他でも30日間無利息をやっているからです。

これだけ多くの業者・銀行が1週間無利息でなく30日間無利息を採用しているということは、それだけ利用者のニーズが多いということ。つまり、多くの人にとって便利ということです。

定期的にお金が足りなくなる人は、1週間無利息が便利

ただ、たとえば給料日前など定期的にお金が必要になる人の場合、ノーローンの1週間無利息の方が便利…ということもあります。ノーローンは、少数でもニッチな利用者のニーズに答えている…といえるでしょう。

とは言うものの、毎月給料日前にお金が足りなくなるというのは、やはり何かが根本的に間違っています。収入が少ない、支出が多いのどちらか(あるいは両方)ですが、その問題を解決するというのが、何よりも大事でしょう。

ノーローンの1週間無利息は便利ですが、あくまで一時的(半年程度)のピンチをしのぐためのものと考えてください。

銀行カードローンの無利息期間の比較

楽天銀行スーパーローンの30日間無利息は、2015年に導入

楽天銀行スーパーローンは、2015年の6月に30日間無利息を導入しました。すべての業者・銀行の中でも、特に新しく無利息期間を導入したカードローンです。

新しく導入したということは、それだけ多くの利用者が増えてきており、こうしたサービスを導入しても、十分持ちこたえる余裕があるということ。事実、提携ATMもどんどん増えており、手数料無料で使える所も増えているので、今後ますます便利になると見ていいでしょう。

ジャパンネット銀行の無利息期間は一時停止中

楽天銀行スーパーローンと違い、これまで適用されていた無利息期間が、中止になったカードローンもあります。ジャパンネット銀行の「ネットキャッシング」ですが、以前はあった「30日間無利息」が、今は一時的になくなっています。

今後また復活するかも知れませんが、このように銀行カードローンの30日間無利息は、常に継続するとは限りません。この点、アコム・プロミスなどの消費者金融の30日間無利息は、長年継続しているので、今後も中止はまずないと考えていいでしょう。

新着記事

人気の記事