カードローンの返済のコンテンツ一覧

カードローンの返済

返済明細書

カードローンの返済は金利負担をいかに減らすかに重点を

カードローンは借金!「借りたら返す」が鉄則

手軽にキャッシングできるカードローンですが、そこはやはり借金。借りたら必ず返さなければなりませんよね?

カードローンもクレジットカードのように、分割返済や一括返済、それにリボルビング方式での返済方法などを利用することができます。この中で現在主流になっているのがリボルビング方式による返済です。

最も多い返済方式が「残高スライド元利定額リボルビング方式」です

リボルビング払いには様々な方式のものがありますが、ほとんどのカードローンで用いられているのが「残高スライド元利定額リボルビング方式」という支払い方法です。

これは、カードローンの借入残高に応じて毎月の返済額が変動する仕組みとなっているのが特徴で、借入や返済を繰り返しながら何度でも利用できるカードローンに最も向いた返済方式と言われています。

そのほかにも様々な形態の返済方式があります

カードローンの返済では、多くが残高スライド元利定額リボルビング方式」を採用しているため、単に「リボ払い」という場合はこの「残高スライド元利定額リボルビング方式」を指すことがほとんどです。

しかし、返済方式にはそのほかにも様々なものが存在します。

分割払い

これは、元金+利息からはじき出された金額を均等に返済していく方法です。例えば元金と利息を足した金額が50万円で、それを10回の分割で返済する場合、毎月5万円ずつ返済していくというような返済方法です。

ただし、分割返済の場合では借入ごとに返済額の計算が行われるため、借入をするたびに返済額と利息が膨らんでしまうというデメリットがあります。一度借りたら後は返済するのみというフリーローンのようなケースであれば有効な返済方式ですが、何度でも借入を繰り返すことのできるカードローンには不向きとなっており、現在では分割返済を行っているカードローンは見かけません。

元金均等払い

この返済方式は、毎月元金を一定の金額で支払い、元金の返済が進めばそれに伴ってどんどん利息も減っていくという返済方式です。

返済が進めば毎月の返済額も減っていくという返済方式なので一見するとメリットが高そうに思われがちですが、何度も借入ができるカードローンの返済方式としては不向きな返済方式です。

元利均等払い

元利均等払いは、元金に金利をプラスした金額を毎月定額で支払っていく方式となります。借入残高によって金利が減少していきますが、借入当初は返済額のほとんどを金利が占めているため、なかなか元金が減っていかないというもどかしさもあります。

長期的な視野に立った返済計画を立てるのに向いている方式で、住宅ローンなどに広く採用されています。

一括返済

文字通り、借り入れた金額を全額一括で返済してしまう方式です。他の返済方式に比べて金利負担もほとんどなく、金利の無駄を省くという意味ではもっとも有効な返済方式となります。消費者金融などで実施している「30日間無利息」などの無利息期間を活用すれば、借り入れた金額のみを返済すればいいので、金利の無駄は一切ありません。

返済方法にも注意しましょう!

約定返済と任意返済の違いを知っておきましょう

上記で解説したのは「返済方式」で、これからお話するのは「返済方法」についてです。

似ている言葉なので勘違いしやすいのですが、返済方式というのは「どういったシステムで返済していくか」というもので、返済方法というのは「どのように返済をするのか」というものになります。

返済方法には約定返済と任意返済という返済方法があります。任意返済は「随時返済」とも言われます。

返済の基本は約定返済です

カードローンでは、約定返済というのが基本的です。約定返済は毎月決められた約定日(支払日)に返済を行うという方法です。

銀行系カードローンや信販系カードローンでは、毎月決められた日に口座からの引き落としを持って返済を行いますし、消費者金融などの場合では借り入れた本人の好きな返済日を指定することもできます。消費者金融では、毎月決められた日に口座から引き落としされるという返済方法ではなく、一定の周期パターンに沿ってATMなどから返済するという方法が一般的です。

任意返済を上手に組み合わせれば金利負担も軽減できます

ただし、毎月の約定日に返済をしていくだけではなかなか元金も減っていきません。また、何度も何度も借入や返済を繰り返していけば返済期間もどんどん長くなっていきます。結果的に見ると金利負担も相当なものとなってしまいます。

そこでぜひとも活用したいのが任意返済(随時返済)です。カードローンでは、毎月の約定日以外でも提携ATMなどから随時返済を行うことができます。

臨時収入があったときなど、財布に余裕があったら随時返済をしていくことで約定日に支払う金額も減っていきますし、その分金利の負担も少なくなります。カードローンの返済では、いかに金利負担を減らしていくかを考えると、効率的な返済が行えます。

「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
「申込み数NO.1」ゼニポタで申込みが一番多いのは?

TOP