SMBCモビット

SMBCモビット

  • 最短即日融資で借入可能
  • 10秒簡易審査!可能かチェック
  • WEB完結申込で電話連絡なし

三井住友銀行または三菱UFJ銀行に預金口座があればWEB完結可能

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
10秒簡易審査
来店不要
最短即日800万円3.0%~18.0%安定した収入があればOK-
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

利息は決して高くないSMBCモビット!他社と限度額や金利を比較

SMBCモビットの利息は金利を元に計算できます。毎月の返済額の中で利息分がどれくらいかを知れば、元金に充当される金額もわかります。返済計画が立てやすくなりますよ。

SMBCモビットの利息・金利はどれくらい?

一般に消費者金融の金利は最高が18.0%になっています。SMBCモビットも同様で、最高の金利は18.0%です。この最高金利のことを「上限(じょうげん)金利」と言います。

SMBCモビットの上限金利と下限金利は 18.0%~3.0%

当サイトの「SMBCモビット」のバナーを押すとSMBCモビットの公式サイトに進みます。そこに書かれている金利(実質年率)は「3.0%~18.0%」となっています。
3.0%と18.0%ではかなり開きがありますが、この差は何によって決まるのでしょうか?

「上限金利」と「下限金利」とは!?

金利(利子・利息)がどんどんと下がるSMBCモビットの金利で高い方の金利(18.0%)を上限金利と呼びましたが、この上限金利は「これ以上高い金利で貸さない」というラインを示しています。

それに対して最も低い金利(SMBCモビットでは3.0%)を下限(かげん)金利と呼びます。金利は低いほど、利用者の負担は軽くなるのでありがたいですよね。SMBCモビットの最大融資額は800万円ですが、この場合の金利が3.0%になると考えられます。信用できる人なので高額を低金利で貸してくれるのです。

消費者金融の上限金利は利息制限法で定められている

以前は消費者金融は高い金利で貸していたため、返済に困る人が続出しました。そこで融資額に応じて「これ以上高い金利を設定してはいけない」という上限が「利息制限法」という法律で決められました。

利息制限法で決められている金利は下記の通りになります。

利息制限法で定められた融資額ごとの上限金利
融資額 上限金利
10万円未満 20.0%
10万円以上100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

ガッツポーズの男性利息制限法では10万円未満の金利の上限は20.0%ですが、SMBCモビットは上限金利が18.0%になっているので10万円未満でも20.0%ではなく18.0%で借りることができます。

なお、これより高い金利で貸している場合その業者は利息制限法に違反していることになり、借りている人は払い過ぎた利息を取り戻すことができます。これを「過払い金請求」と言います。

ただ、現在はSMBCモビットのように大手消費者金融はどこも利息制限法を守って融資をしています。

SMBCモビットと他社の利息・金利を比較

では、SMBCモビットの金利は他社と比較して高いのかどうか、見てみましょう。

SMBCモビットと他社消費者金融との比較

まず、消費者金融同士で比べてみます。

消費者金融各社の金利比較
会社名 金利(実質年率) 最大融資額
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 4.5%~18.0% 500万円
プロミス 4.5%~17.8% 500万円

これを見ると、上限金利が最も低いのはプロミスの17.8%です。それ以外は上限金利はどこも変わりません。
一方、下限金利はSMBCモビットとアコムが3.0%で、アイフルとプロミスは4.5%になっていますね。この差は最大融資額に対応しています。

下限金利は最大限度額が大きいと低金利になります。

下限金利はその金融機関で借りられる最大融資額を借りた場合の金利になっています。SMBCモビット、アコムで3.0%で借りられるのは最大融資額である800万円を借りた場合です。

アイフル、プロミスで4.5%で借りられるのは最大限度額である500万円を借りた場合です。

つまり最大融資額が高いSMBCモビットとアコムの上限金利は低く、最大融資額が低いアイフル、プロミスは上限金利がSMBCモビットよりも高くなっているのです(実際の金利は融資限度額だけでなくその人の信用度や利用実績などで決められています)。

SMBCモビットで金利3.0%で借りることは可能?

金欠の女性では、SMBCモビットで3.0%の金利で借りることはできるでしょうか?上にも書いた通り、3.0%の金利が適用されるのは、最大融資額である800万円を借りた場合です。

ところがSMBCモビットで800万円を借りるには、ある条件があります。それは「年収が2400万円以上必要」ということです。

SMBCモビットなど消費者金融業界では、消費者を守るために「他社を含めて年収の3分の1以上は貸してはいけない」というルールが貸金業法によって決められています。このルールのことを「総量規制」と呼びますが、800万円を借りようと思えば、その3倍の年収を得ている必要があるのです。

実際に一般の会社員が2400万円もの年収を得ているというケースは少ないですよね。そのため、この下限金利である3.0%はあまり現実的ではないと言えます。

SMBCモビットと銀行カードローンの金利を比較

次にSMBCモビットと銀行系カードローンの金利を比較してみましょう。

銀行カードローン各社の金利比較
銀行名 金利(実質年率) 融資限度額
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 10~800万円
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8%~14.6% 500万円
じぶん銀行カードローン 2.2%~17.5% 800万円
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 800万円

お金を見つめてニヤけている男このように銀行系のカードローンはどこも金利が低めです。また、それぞれの金利は借りる額ではなく、借りる人に認められた融資限度額に応じて変わってきます。

例えば実際には500万円を借りなくても、審査結果で「500万円まで融資可能」と認められて、その銀行で融資限度額500万円の金利が1.8%だった場合、10万円を借りても1.8%という低い金利で借りることができます。

さらに銀行には「総量規制」のルールは適用されません。年収が300万円の人でも審査次第では500万円を借りることも可能です。そこが消費者金融との大きな違いだと言えます。

SMBCモビットの金利から支払う利息を計算しよう

SMBCモビットでお金を借りた場合に、利息はいくらになるのでしょうか?
これは自分で計算することができます。

利息の計算方法

利息は次の計算式で出すことができます。

利息=利用残高×金利(実質年率)÷365日×借りた日数

SMBCモビットの金利は実質年率

金利には「年利」「月利」「日歩(ひぶ)」の3種類があります。

  • 年利…1年間(365日)借りた場合の金利
  • 月利……1ヶ月借りた場合の金利
  • 日歩…1日あたりの金利

審査を行う有能な女性会社員消費者金融では1年間借りた場合の「金利」で計算します。もしお金を借りて、2日後に返した場合は2日分の利息を計算しますが、この場合、「日歩」ではなく上で書いたように「年利」の%を実際に借りた日数分で計算します。

なお、実質年率とは金利に諸費用を加えた額のことを指し、消費者金融は実質年率を表示しなければなりません。通常はわかりやすくするために「金利」と言っていますが、本当は実質年率のことです。

SMBCモビットの上限金利は18.0%なので、それで計算してみましょう。50万円を30日借りた場合の利息は、次のようになります。

50万円×18.0%÷365日×30日=7,397円

1ヶ月の利息は7,397円です。1日あたりに換算すると約247円になります。ただし、利息だけを返しているのでは、いつまでたっても借金は完済できません。

利息と元金を返していく必要があります。

SMBCモビットの返済金額

SMBCモビットでは借入残高に応じて返済金額を次のように設定しています。

SMBCモビットの借入残高と返済月額の関係
借入残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超~20万円以下 8,000円
20万円超~40万円以下 11,000円
40万円超~50万円以下 13,000円
50万円超~60万円以下 16,000円
60万円超~70万円以下 18,000円
70万円超~80万円以下 21,000円
80万円超~90万円以下 24,000円
90万円超~100万円以下 26,000円

先ほど50万円借りた場合の例で計算したところ、利息は7,397円となっていました。SMBCモビットで50万円を借りた場合の返済額は13,000円です。そこから利息を引くと、元金は5,603円となります。つまり、毎月13,000円を返済していても、元金は約5,600円しか減っていかないということになります。

ただし、この返済額は「最低返済額」なので、余裕があればもっと多く返すことも可能です。そうすれば元金が減っていき、返済額も少なくなります。

SMBCモビットで借りた場合の自分の金利を調べる方法

SMBCモビットの公式サイトには借入額に対する金利が掲載されていません。その理由は、金利は借りた額だけでなく借りた人によっても異なるからだと考えられます。

自分がいくらの金利で借りているのか知りたい場合は、契約が完了してから「Myモビ」の会員になれば見ることができます。

SMBCモビットのMyモビ会員サービスの内容

Myモビ会員になると、「契約内容照会」の画面で自分の契約額や金利、返済日などが見られます(パソコンのみ)。また、ほかにも利用可能額の確認や最短3分で自分の口座に振り込んでもらう「振り込みキャッシング」なども利用できます。

パソコンの画面限定にはなりますが、自分の金利と借入額で返済シミュレーションもできるので、返済計画を立てるのに役立ちます。

なお、返済の相談は電話でも受け付けています。

SMBCモビットで借りる場合は手数料にも注意

ATMを操作する女性SMBCモビットで借りるには自分の銀行口座に振り込んでもらう方法とコンビニなど提携ATMで借りる方法があります。銀行口座への振り込みは手数料が無料ですが、平日の午後2時50分までに依頼するという時間の制約があります。

一方、ATMで借りる場合はいつでも可能ですが、手数料がかかります。ATMでの返済にも手数料がかかるので注意しましょう。(入出金が1万円以下の手数料は108円、1万円以上の場合は216円)

利用する場合は常に利息や手数料を考えて、早めに完済することを意識しましょう。

今すぐSMBCモビットに申し込む
関連コンテンツ
「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
24時間!WEB完結申込で電話連絡なしで即日融資が可能

TOP