SMBCモビット

SMBCモビット

  • 最短即日融資で借入可能
  • 10秒簡易審査!可能かチェック
  • WEB完結申込で電話連絡なし

三井住友銀行または三菱UFJ銀行に預金口座があればWEB完結可能

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
10秒簡易審査
来店不要
最短即日800万円3.0%~18.0%安定した収入があればOK-
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットは消費者金融のカードローン!年収の3分の1の総量規制の対象です

SMBCモビットは消費者金融のカードローンなので、総量規制の対象となります。融資を希望する場合は、まず年収と利用限度額との関係をしっかりと把握しておくことが必要です。

無理な返済計画を強いられるよりも、事前に情報を把握して余裕を持った利用をすることが賢いカードローンの使い方ですので、そういう意味では総量規制はとても有益なルールと言えるでしょう。

近年では銀行系カードローンの自主規制によって、消費者金融に適用される総量規制のデメリットもなくなってきています。むしろ、融資スピードや審査難易度の面で、消費者金融の方が有利になってきています。

SMBCモビットと総量規制の関係とは?

消費者金融カードローンには年収の3分の1までの借入制限(総量規制)がある

近年では、頻繁に総量規制という言葉を見聞きするようになりました。カードローンを利用しようと考えたことのある方であれば、恐らく総量規制についても十分な知識があるかとも思いますが、これからカードローンを初めて利用する方にとっては聞き慣れない言葉かもしれませんね。

総量規制というのは、貸金業法という法律で定められているルールのひとつで。年収の1/3を超えたキャッシング利用ができないというものですが、ここでは、SMBCモビットでカードローンを利用する際の総量規制との関係についてご説明していきます。

銀行カードローンとは違う!SMBCモビットは消費者金融のカードローンだから総量規制の対象になる

まず、総量規制の対象となるポイントが2つあります。

  • 貸金業法が適用される金融会社が対象
  • 年収の1/3を超えた利用はできない

年収の1/3を超えた借入れができないというのはよく知られていますので、カードローンやキャッシングに興味がなくても知っているという方も多いでしょう。それよりも意外と知られていないのが一番目の方、「総量規制は貸金業者に適用される」というポイントです。

カードローンならばすべて総量規制が適用されるというわけではなく、あくまでも貸金業者に限られているというのがポイントです。貸金業者というのは、消費者金融や信販会社などのカードローン、それにクレジットカードのキャッシングも含まれます。銀行や信金といった金融機関は貸金業者とは異なるため、総量規制というルールはありません。

SMBCモビットは消費者金融のカードローンですので、貸金業法の対象となり総量規制が適用されます。もちろん、本人収入がなければ申込むことはできませんし、年収の1/3を超えた借入れも不可能です。

SMBCモビットだけじゃない!消費者金融は年収でキャッシングの利用枠が決まる

当然ながら、総量規制が適用されるのはSMBCモビットだけではありません。上でも述べたように、銀行系カードローン以外のカードローンはすべて総量規制が適用されます。消費者金融以外でも、クレジットカードを発行している会社もカードローンを発行していますし、クレジットカードにもキャッシング機能が付帯していますが、それらはすべて総量規制の対象です。

総量規制の場合、その対象となるのは1社だけではありません。つまり、すべての貸金業者からの借入れが年収の1/3を超えてしまうとNGとなります。

年収の3分の1まで!消費者金融からの融資には総量規制が付きまとう

例えば、年収300万円であれば総量規制によって100万円以下までしか借りることができません。しかも、すでに他の貸金業者のカードローンやクレジットカードのキャッシングで100万円に迫る利用があった場合は、どこからも借りることができないわけです。「貸金業者からの借入れをすべてまとめた結果、年収1/3を超えていてはいけない」というのが総量規制の本質です。

年収によってキャッシング利用枠が決定され、しかも他社からの借入れが多ければ多いほど利用可能枠も低くなり、場合によっては借入れNGということもあるのです。SMBCモビットからの借入れを考えている方も、すでに他の貸金業者やクレジットカードのキャッシングで年収の1/3に迫る借入れがあるなら、審査通過が厳しくなる可能性もあります。

SMBCモビットの総量規制によるデメリット

消費者金融の利用は便利!でも年収の1/3を超えた限度額では利用できない

最短即日融資にも対応している消費者金融のカードローンは、急にお金が必要になった場合でもすぐに対応できるのでとても利用価値が高いです。それはSMBCモビットも同じですし、消費者金融系カードローンの強みでもあります。

しかし一方では、総量規制によるデメリットも存在します。SMBCモビットなど消費者金融のカードローンを検討するなら、メリットばかりの情報に振り回されるのではなく、総量規制によるデメリットをまず理解しておきましょう。

SMBCモビットなどの消費者金融ではカードローンのおまとめ利用などは難しい!キャッシング限度額も低いから金利も高くなりがち

SMBCモビットなどのような消費者金融系カードローンは総量規制の対象となるため、複数社からの借入れを一本化するおまとめローンのような利用はできません。そもそもカードローンの利用限度額が低めに設定されますので、他社からの借入額がそれを上回っている場合は一本化するのが難しいのです。

さらに、設定される利用限度額が低めということは、必然的に金利は最高金利が適用されます。金利は利用限度額に応じて決められていますが、初めての申し込みであればほとんどの方が多くても50万円ほどまでが限度です。50万円ほどの利用限度額であれば最高金利が適用されますから、SMBCモビットであれば最高金利の18.0%が適用されます。

しかし、銀行系であれば、最高金利がもっと低いカードローンもありますので、金利面だけで考えた場合、総量規制の影響を受けてしまう消費者金融にこだわる必要はないということにもなります。よほど急ぎの融資を希望しない限り、金利面では消費者金融の方が銀行系カードローンよりもやや不利です。

SMBCモビットからの融資を考えるなら年収とのバランスを意識しよう!他社消費者金融からのキャッシングも総量規制に含まれるので注意!

また、総量規制のデメリットは、「貸金業者からの借入れすべてに適用される」ことです。例えば、SMBCモビットでカードローンに申込もうとしても、すでに他の貸金業者から年収の1/3に迫る借入れがあれば、SMBCモビットの方で利用限度額の設定ができないため、審査にも影響を与えてしまうのです。

他の貸金業者とは、銀行や信金、信組といった金融機関ではない金融会社のことです。先述したように、消費者金融や信販会社のカードローン、クレジットカードのキャッシングも総量規制の対象となります。ただし、カードローンを持っていてもまったく利用していない状態であれば他のカードローンへ申込む際にも何ら影響はありません。総量規制の対象となるのは、あくまでも現在借入れている金額だけです。

SMBCモビットの総量規制によるメリット

総量規制の対象にならない銀行カードローンと比較してもSMBCモビットにはメリットがある

総量規制によるデメリットをご紹介したところで、ここからはSMBCモビットのメリットについてご紹介していきます。総量規制に対象となってしまうためデメリットばかりが目立ちますが、総量規制があるからこそのメリットも意外とたくさんあります。

SMBCモビットは総量規制によって借りられるお金が少ない!でも限度額が低いメリットもある!

総量規制の場合、他社借入額も含めて年収の1/3までしか借りることができません。つまり、借りすぎ防止にはとても効果があります。カードローンの利用限度額が低いからこそ、借りすぎることもありませんし、審査に通る基準も変わってきます。当然ながら、借入希望額が多ければ多いほど審査も厳しくなりますので、そうした観点から考えれば、総量規制の対象となるSMBCモビットなどの消費者金融にもメリットがあるのです。

SMBCモビットの場合は融資額が低いから返済計画も立てやすい!他社消費者金融からも借りすぎてしまう不安もない!

SMBCモビットなど、消費者金融のカードローンは総量規制との関係もあるため、限度額も低めに設定されがちです。つまり、最初から借りられる限度額がわかっている分だけ申込みもしやすく、返済計画も立てやすくなります。

銀行カードローンも自主規制に突入!結果的にSMBCモビットなどの消費者金融とあまり変わらない水準になっている!

総量規制の影響によって、消費者金融などから借りることのできなくなった人たちは、総量規制の対象外となっている銀行系カードローンへと流れていきました。しかし、それによって多重債務や借りすぎに陥る人が増加したこともあり、最近では各銀行でも自主規制が始まっています。

総量規制の対象にこそなっていないものの、ほぼそれに準じた融資が中心になってきています。また、これまでは最短即日融資可能だった銀行でも、現在では最短即日での利用は不可能となっています。現在では、最短即日融資で利用できるのはSMBCモビットを始めとした消費者金融のカードローンだけです。

SMBCモビットなど消費者金融は最短即日融資が可能!限度額さえ気にしなければすぐにお金が必要になったときも安心!

つまり、現在では銀行も消費者金融もそれぞれに一長一短があり、水準としてはどちらも変わりはありません。確かに金利で見ればまだ銀行系カードローンの方が有利ですが、申込みのしやすさや即日での融資といった面ではSMBCモビットなど消費者金融の方が有利ですし、今なお、審査基準においても消費者金融の方がハードルが低めです。

たしかに、総量規制によって借りられるお金も銀行系カードローンよりは少なくなってしまう傾向もありますが、限度額にこだわらなければ借りやすさの面でも銀行系カードローンを1歩も2歩もリードしています。急な出費の際に頼れるのは、やはりSMBCモビットなどの消費者金融です。

SMBCモビットと総量規制のQ&A

消費者金融と銀行カードローンの違いは?カードローンのホントのところをQ&Aで解説

最後に、SMBCモビットと総量規制の関係について、気になる疑問をQ&Aで解説していきます。特に、SMBCモビットの利用が初めてだという方は、ぜひ参考にしてみてください。

Q.金利面や限度額では銀行カードローンの方がSMBCモビットみたいな消費者金融よりも有利っていう情報が出回ってるけど?

A.100%正しい情報ではありません!限度額によっては消費者金融なみの金利設定をしている銀行カードローンもあります

銀行系カードローンは金利が低く、利用限度額も総量規制の影響を受ける消費者金融より高いという情報もあります。その情報は間違いではありませんが、総量規制の影響を受けない銀行系カードローンであっても、いきなり何百万円ものお金を借りられるわけではなく、最初は30万円や50万円といった利用可能額で設定されることがほとんどです。つまり、実際の利用限度額は消費者金融と大差ありません。

金利面に関しては、たしかに銀行系カードローンの方が総体的に消費者金融よりは低めですが、カードローンによっては最高金利が消費者金融なみのところもあります。最低金利こそ魅力的ではありますが、ほとんどの方に適用されるのは最高金利です。結果としてSMBCモビットのような消費者金融と変わらない金利で利用しなければならない銀行もあるので、一方的に消費者金融ばかりが高金利だというわけではありません。

Q.SMBCモビット以外にも銀行カードローンからお金を借りてるんだけど総量規制と関係ある?

A.総量規制の対象はあくまでも貸金業者のみ!銀行カードローンは貸金業法とは無関係なので関係ありません

銀行のカードローンから融資を受けているため、SMBCモビットへ申込む際には総量規制の影響で審査に落ちてしまうのではないか?と心配される方もいますが、総量規制の影響を受けるのは貸金業者のみです。つまり、銀行のカードローンは総量規規制に含まれません。安心して申込みましょう。

Q.SMBCモビットのカードローンに申し込みたいんだけど……住宅ローンや自動車ローンの返済もしてるから借りられない?

A.住宅ローンや自動車ローンは無担保ローンではないので総量規制に含まれません!SMBCモビットにも申し込みできますよ!

住宅ローンや自動車ローンがあると多額の借金を背負っているような状況ですので、一見するとSMBCモビットのようなカードローンは利用できないのでは?と錯覚しがちですが、実際にはそんなことはありません。

総量規制はあくまでも無担保融資に対するルールですので、住宅ローンや自動車ローンは除外されていますし、そもそも住宅ローンや自動車ローンまで含まれていたらあっという間に年収の1/3をオーバーしてしまうわけですから現実的ではありませんよね?

Q.年収が低くてカードローンに申込むのが不安なんだけどSMBCモビットは総量規制もあるから不可能?

A.安定した収入さえあればSMBCモビットでお金を借りられます!年収が低いからといって断られることはありません!

SMBCモビットでは、安定した収入さえあればパートやアルバイトでも申し込めます。総量規制の関係もあり多額のお金を借りることはできませんが、すでに他から融資を受けているということでもない限りは年収が低くても十分に借りられる可能性はありますよ。

Q.少額だけ緊急でお金を借りたいんだけどSMBCモビットと銀行カードローンはどっちがおすすめ?少額なら総量規制は関係ないの?

A.少額な借入れで緊急性を要するならSMBCモビットが断然おすすめ!他社消費者金融からも融資を受けていなければ少額なら十分借りられます

緊急でお金が必要なら銀行よりもSMBCモビットがおすすめです。現在では、どこの銀行も最短即日融資という利用ができなくなっていますので、緊急性を要するならSMBCモビットがベストです。SMBCモビットなら最短即日融資にも対応しているので安心です。

また、借りたい金額も少額ということなら、総量規制の影響もさほど気にしなくて大丈夫です。もちろん、他の貸金業者からすでに年収の1/3に迫る借入れをしているのであれば審査通過も難しくなりますが、そうでなければ少額であれば審査にも通りやすいです!

Q.おまとめローンを探してるんだけど……SMBCモビットのような消費者金融にはおまとめローンはないの?総量規制とおまとめローンの関係は?

A.SMBCモビットにはおまとめローンはありませんが他社消費者金融にはあります!おまとめローンは総量規制適用外のローン商品です

現在、SMBCモビットにはおまとめローンはありませんが、同グループであるプロミスなど他の消費者金融ではおまとめローンを扱っています。しかし、総量規制の対象となっている消費者金融でなぜおまとめローンを扱えるのか?とても不思議ですよね?

総量規制の場合、例外的なルールとして消費者に有利となる貸し付けは年収の1/3を超えてもよいと定められています。多重債務から脱却できるおまとめローンは消費者にとってとても有益となるため、年収の1/3という枠に関係なく融資を受けることができるのです。

しかし、消費者金融で扱うおまとめローンはやや金利が高めのため、できることなら銀行で取り扱うおまとめローンを検討するのがおすすめですし、なるべくなら計画的な利用を心掛けつつ、おまとめローンを利用しないように自重した使い方をすることもまた、消費者に求められているモラルだという認識も必要ですよ。

今すぐSMBCモビットに申し込む
関連コンテンツ
「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
24時間!WEB完結申込で電話連絡なしで即日融資が可能

TOP