SMBCモビット

SMBCモビット

  • 最短即日融資で借入可能
  • 10秒簡易審査!可能かチェック
  • WEB完結申込で電話連絡なし

三井住友銀行または三菱UFJ銀行に預金口座があればWEB完結可能

審査時間融資スピード借入限度額実質年率アルバイト無利息期間
10秒簡易審査
来店不要
最短即日800万円3.0%~18.0%安定した収入があればOK-
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。。

SMBCモビットの月々の返済額はいくら?最低返済額は?返済時の注意点

SMBCモビットの返済額は借入残高によって一律で決められています。10万円以下の借入れであれば毎月4,000円からの返済でOKですが、50万円なら毎月13,000円が最低返済額になります。

ただし、追加で借入れをした場合は、その時点での借入残高に応じて返済額が決定されますが、利用次第では当初の返済額よりも低くなることもあります。こうしたSMBCモビットの返済額の仕組みや疑問点などを徹底検証してみました。

申し込み前に知っておきたいSMBCモビットの返済額!

SMBCモビットの返済額は、借入後残高スライド元利定額返済方式という返済方式で決められています。これは、リボ払いの種類のひとつですが、ややこしい説明を抜きにして説明すれば、SMBCモビットからいくら借入れたかによって、毎月の返済額が固定される方式です。

借入後残高スライド元利定額返済方式は、SMBCモビット以外でも採用しているカードローンが多く、最初にいくら借りたかによって返済額が決定される仕組みです。一度決まった返済額は、原則完済まで一律です。

SMBCモビットの返済額は月4,000円から!追加借入れをすると当初の返済額から変動する!

SMBCモビットの毎月の返済額は次のように決められています。

借入残高 返済額
10万円以下 4,000円
20万円以下 8,000円
30万円以下 11,000円
40万円以下 11,000円
50万円以下 13,000円
60万円以下 16,000円
70万円以下 18,000円
80万円以下 21,000円
90万円以下 24,000円
100万円以下 26,000円

ちなみに100万円を超えた借入の場合は20万円増加するごとに4,000円がプラスされていきます。また、借入残高30万円以下と40万円以下は返済額が同じですが、これは30万円以下が36ヶ月の返済期間、40万円以下が60回の返済期間で設定されているためです。原則として、当初借入れたときは上記の返済額で固定されます。

ただし、返済額が一律で固定されるのは追加借入れをしないでそのまま返済を続けた場合です。追加借入れをするとその時点での借入残高に応じて返済額が決められます。仮に50万円を借りた場合は、当初は13,000円の返済額となり、それが完済まで続きます。

しかし、50万円のうち40万円分を返済した時点(借入残高10万円)で、再度10万円を借入れたとすると、その時点での借入残高は20万円となりますので、この時点で借入残高20万円の返済額が適用されます。つまり、これまでは13,000円であった返済額が、8,000円に変更されるのです。

決められている返済額はあくまでも最低返済額!多めに返済してもOK!

返済額負担が減るのは嬉しいのですが、毎月の返済額が13,000円から8,000円と下がることにより、完済までの期間も長くなります。完済までの期間が長くなるということは、その分だけ金利負担も大きくなるというわけです。

借入残高30万円超からは返済期間を5年として計算されていますので、50万円の借入残高なら毎月13,000円ずつを5年で返済していくことになります。しかし、上記の例であれば、追加借入れをしたことで途中からは借入残高20万円として計算されますので、返済額が8,000円に下がる分、そこから36ヶ月かけて返済することになります。本来ならあと1年ほどで完済できたのに、追加借入れをすることで残りの返済期間が3年へと延びてしまうわけです。

しかし、決められているのはあくまでも最低返済額ですので、もちろんそれ以上に返済してもOKです。毎月の返済額が8,000円になったとしても、これまでどおり13,000円で返済していけば早めに完済することができます。

SMBCモビットからの返済額や返済期間が気になったらシミュレーションしてみよう!

毎月の返済額や返済期間について詳しく計算したい場合は、SMBCモビットの公式サイトに返済シミュレーションが用意されていますので、そちらを利用してみましょう。毎月の返済額や返済月数などを自動で計算してくれる便利なツールです。

申し込みの際は借入れのことで頭がいっぱいかもしれませんが、返済額のことまでしっかりと理解しておくと無理のない返済計画を立てやすくなります。返済シミュレーションは、SMBCモビットの公式サイトから→「申込について」→「シミュレーション」と進んでいけば利用できます。

SMBCモビットの返済額Q&A!返済額についての気になる疑問を解決

SMBCモビットの返済額について気になる疑問をQ&Aにまとめてみました。借入れ後に返済額について疑問を抱くケースは意外と多いものです。ぜひ参考にしてみてください。

Q.SMBCモビットの返済額が変わらないんだけど…借入残高が減れば返済額も減るんじゃないの?

A.SMBCモビットの返済額は当初の借入額に応じて返済額が決まります!原則完済まで一律です!

カードローンによっては借入残高が減れば返済額もそれに応じて減っていくタイプもありますが、SMBCモビットの返済方式は原則として完済まで一律です。ただし、上でも述べているように追加借入れをすることで毎月の返済額を下げることは可能です。

しかし、返済額が下がればその分だけ返済期間が延びてしまいますので、よけいに金利負担を増やしてしまいます。できることなら、早めの完済を目指す上でもそのままの返済額で返済を続けていくことをおすすめします。

Q.SMBCモビットの返済額を確認したいんだけど方法はある?

A.返済額を知りたい場合は提携ATMなどの利用明細や会員専用ページから確認できます!

毎月の返済額や利用可能額、利息などを知りたい場合は、提携ATMの利用明細からも確認ができますし、SMBCモビットの会員専用サービス「Myモビ」からも確認することができますよ!毎月の返済額や完済までの期間をしっかり把握しておくことは計画的な利用にも欠かせませんので、なるべくこまめにチェックしておくようにしましょう!

Q.SMBCモビットの返済額が重い!返済額を減らすことはできる?

A.原則返済額の変更はできません!ただしコールセンターに電話すれば理由に応じて対応してくれますよ!

SMBCモビットの返済額は借入残高と返済期間から割り出された最低返済額ですので、原則として変更することはできません。ただし、返済が続けられなくなるほどの負担を感じているなら、モビットのコールセンターへ電話すれば相応に対応してもらうことは可能ですよ!

Q.SMBCモビットの借入額を早期完済させたいんだけど返済額は増額できる?

A.はい!返済額の増額はいつでもOKです!随時返済として好きな時に返済できます

SMBCモビットで決められている返済額はあくまでも最低返済額ですので、それより多く返済するのは何ら問題ありません。多めに返済した分は随時返済(任意返済・追加返済)として元金のみが減っていくため効率的に早期完済を目指せます。もちろん、随時返済するたびにわざわざSMBCモビットへ連絡する必要もありません。

また、随時返済は約定返済日でなくても返済することができます。約定返済の返済額には金利が含まれていますが、随時返済に関しては金利分の返済もありませんので、仮に10,000円を随時返済すれば元金も10,000円減っていきます。早期完済、そして効率的な返済計画を考えるのであれば、随時返済は積極的に利用していきましょう。ただし、毎月の約定日には必ず所定の返済額を入金することだけは忘れないようにしてくださいね!

SMBCモビットで返済する時の注意点!返済額よりも金利を意識しよう!

SMBCモビットに限らず、カードローンの場合は毎月の返済額よりも、むしろ金利負担を意識しておくのがおすすめです。金利がかかるということは、当初借入れたよりも多い金額を返済しなければならないわけですから、いかに金利負担を抑えるか?という点に絞って返済をしていくことが大事です。

SMBCモビットの返済額には金利も含まれる!早期完済を目指すなら金利負担を減らすこと!

毎月の最低返済額のとおりに返済を重ねていった場合、年利18.0%として計算すると10万円なら最終的な返済総額は12万円以上、50万円なら実に75万円を超える返済総額となります。

もちろん、それを承知で借入れているとはいえ、やはり金利の負担は無駄というほかありません。なるべく金利を抑えるためにも随時返済という方法は存分に活用していきましょう。

また、借入れも必要最小限に留めるようにし、少額の借入れなら一括返済で済ませてしまうくらいの余裕もほしいところです。

SMBCモビットの返済額まとめ!自分でコントロールできるので借りすぎ注意

毎月の返済額がSMBCモビットによって決められているとはいえ、返済計画立てるのは借りる本人です。つまり、返済額だって自分でコントロールすることは可能なのです。

返済額をコントロールする方法は、これまで再三述べてきたように随時返済を活用していくこと、そして無駄に借りすぎないことの二点です。

SMBCモビットの借入額が多ければ多いほど金利負担増!早期完済と金利負担を念頭に返済額をコントロール!

カードローンというのは、自分に必要な金額よりも多く借りることのできるアイテムです。10万円だけ必要なのに、利用枠として30万円与えられてしまうと、「まだ20万円の余裕がある」と勘違いしてしまうケースも多いのです。

本来は借金であるはずなのに、自分のお金のような感覚に陥ってしまう危険性を孕んでいるのです。これが借りすぎてしまう一番の理由です。心に隙きができてしまうわけですね。

「借りたら早めに返す」を徹底することが早期完済に必要な心構えです。早期完済のためにも、「必要なだけ借りること」と「随時返済の活用」だけは徹底していきましょう。

今すぐSMBCモビットに申し込む
関連コンテンツ
「融資・借入特集」目的に合わせてカードローンを探す
全国のカードローン
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
沖縄
24時間!WEB完結申込で電話連絡なしで即日融資が可能

TOP