これも時代の流れ!?リスタートする人のための応援ローン「離婚専用ローン」もあります!

その他のローン 2020/6/11 8637view

全国初となる離婚専用ローンが大垣共立銀行から登場しています。また東邦銀行フリーローン「ステップアッププラン」は慰謝料にも使えると評判。他にも慰謝料を使途目的として利用できる銀行フリーローンがあります。

熟年離婚と離婚届

依然、高い傾向にある離婚率。そんな時代を象徴するようなローン商品も登場しています。大垣共立銀行から全国初となる離婚専用ローンが登場しました。今後、全国的にも広がっていく可能性もあります。

依然高い離婚率!再スタートする人のための専用ローン

慰謝料や離婚裁判費用に使えるローン

現在、日本では結婚する男女の内、離婚する夫婦の割合が高い傾向にあると言われていますよね。実際、世界の主要国の中でも日本の離婚率は比較的高めです。2015年に発表された統計では、人口1,000人あたり1.77件の離婚率となっています。

2000年前半をピークに離婚件数・離婚率ともに減少傾向にはあるものの、それでも1970年代前半に比べて件数・離婚率ともに2倍近くになっています。そこで登場したのが離婚ローンと言うわけです。

世界的に見ればそれほどでもないが離婚のリスクは増えている

世界的に見ると、日本よりも離婚率が高い国はいくつもあります。たとえばロシアやアメリカでは、日本の3倍~4倍もの離婚率となっています。しかし人口の多い少ないや婚姻率、晩婚率といった複合的要素もあるので、それがずば抜けて高いかどうかははっきりと分かりません。

ただし少なくとも日本国内では、離婚は昭和の時代と比べて増えているのは事実と言えるでしょう。

何かとお金が必要になる離婚問題をサポート

離婚へと至ってしまう理由は様々あるでしょう。もちろん、しないに越したことはありませんが、やむを得ぬ事情というものもあるはず。

離婚することの是非はともかくとして、離婚ともなると何かとお金も必要になってきます。特に多額の出費を強いられるのが慰謝料や裁判費用など。そうした出費をカバーするためのローンを扱っている銀行もあるのです。

多額の慰謝料負担にも対応!新しい未来へにステップに活用できる

離婚専用ローンなんて耳にしたことがない人の方がきっと多いことでしょう。少なくともこれまで、離婚に特化したローンというものは存在していませんでした。せいぜい、通常のカードローンやフリーローンで慰謝料などを賄うというのが一般的な流れでした。

離婚専用ローンの誕生は、そんな現状に一石を投じる形になるかもしれません。実際、今後は全国で離婚専用ローンを扱う銀行が増えていくかもしれませんね。

保証人も担保も不要で申し込みしやすい!離婚専用ローンの中身とは!?

大垣共立銀行の離婚専用ローン「Re」

離婚にともなうお金の問題を速やかに解決し、新たな気持ちで再スタートをきってほしい――そんなコンセプトで誕生したのが、岐阜県の大垣共立銀行の「Re」という離婚専用ローンです。

慰謝料や裁判費用、それに財産分与資金に充てることができるフリーローンで、高額な支払を一括払いで求められるケースでも対応することができます。

離婚ローンは最高500万円で低金利!申込も年収200万円からOK!

「Re」は、最高500万円までの申し込みが可能で、満20歳以上~65歳までで年収200万円以上の安定した収入のある方なら誰でも申し込めます。目的別ローンながら、担保や保証人も不要です。

年率は一律で5.425%(2016年3月現在)と、目的別ローンらしい低金利。使途目的が定まっているので、希望どおりの金額を借りやすいという特長があります。

フリーローンやカードローンでは希望額どおりに借りられない可能性も

例えば、慰謝料などをフリーローンやカードローンで賄おうと思っても、必要となる金額を実際に借りられるかどうかは不透明です。ましてや数百万円という高額であれば、審査に通る可能性も低くなります。

しかし、使途が明確化されている目的別ローンであれば、使途確認資料を提出することで、必要な金額の融資を受けることができるので安心です。

女性専用の離婚関連ローン「Re-f-」もあります!

大垣共立銀行では、「Re」という離婚専用ローンのほかに、女性専用の離婚関連ローン「Re-f-」という商品も展開しています。

こちらの申込資格は「Re」の基準に準じますが、女性専用ということもあり、一部のスペックで異なる点もあります。

「Re」よりも低金利で、金利優遇もある!

「Re」では、年率が5.425%ですが、「Re-f-」では、年率4.925%と、0.5%低く設定されています。さらに、離婚後に未成年の子供を引き取るという場合なら、さらに0.5%の金利が優遇されるため、年率4.425%で利用できます。

融資額は最高300万円までです

「Re」では、最高500万円までの融資が可能ですが、女性専用となる「Re-f-」では、最高300万円までとなっています。

慰謝料などの支払いとなると、多くのケースでは男性側が支払うことが多いため、女性専用の「Re-f-」では融資限度額も低く設定されているようです。

「Re」もしくは「Re-f-」の審査に落ちても「リトライサービス」があります!

大垣共立銀行では、「Re」や「Re-f-」などの審査に落ちてしまっても、「リトライサービス」というサービスを利用することができます。

ライフプラン「ポピュラーローン」で再審査を受けられます!

万が一、「Re」もしくは「Re-f-」の審査に落ちてしまっても、フリーローンであるライフプラン「ポピュラーローン」で改めて審査を受け直すことができます。

この場合、年率5.5%~10.5%(所定の条件を満たせば1.0%の優遇あり)と、「Re」や「Re-f-」よりもやや金利が高くなりますが、それでも再審査を受けられるサービスがあるというのは魅力的ですよね。

申し込みできるのは大垣共立銀行の営業エリアに限られます!

「Re」もしくは「Re-f-」に申し込めるのは、大垣共立銀行の営業エリアに住んでいる方のみに限られます。下記の表を参考にしてみて下さい。

県名 市町村名
岐阜県 岐阜県全域
愛知県 愛知県全域
三重県 桑名市・四日市市・亀山市・鈴鹿市・いなべ市・朝日町・川越町・木曽岬町・菰野町・東員町
滋賀県 米原市・長浜市・彦根市・近江八幡市・東近江市・甲良町・多賀町・豊郷町・愛荘町
長野県 南木曽町

上記以外にお住まいの場合は申し込みすることができません。

東邦銀行フリーローン「ステップアッププラン」は慰謝料にも使える!

大垣共立銀行の「Re」が全国初であるということからも分かるように、「離婚専用ローン」として使途が明確になっているローン商品というのは他にありません。

ただし、「Re」などのように離婚関連費用だけに特化されているわけではないものの、使途目的の中に「慰謝料」が明記されているフリーローンがあります。その1つが東邦銀行フリーローン「ステップアッププラン」です。

離婚関連費用に使えるその他のローンが出ています

例えば、東邦銀行で扱っているフリーローン「ステップアッププラン」では、葬儀費用や資格取得費用などとともに、「慰謝料」とはっきり記載されています。また、様々な弁護士費用にも使えるので、離婚時の弁護士費用にも使用できます。

こちらは、申し込みにあたっての最低年収なども設けいていないため、比較的申し込みしやすいフリーローンです。最高500万円、金利は変動金利が適用されるものの、2016年3月現在で年率3.5%となっています。

できることなら利用しないように努めたい離婚専用ローン!

利用しないで済むのが理想的!でも万が一の時には助かるローンです

最初から、離婚を前提に結婚する人もいないはず。従って、離婚専用ローンを利用しないに越したことはないわけですね。

しかし、もし万が一離婚という事態に直面した際、離婚関連費用に特化したローンがあれば、慰謝料などの多額な出費にも安心して備えることができるのもまた事実です。

賛否両論あれど、それで救われる人がいるのも事実

何となく複雑ではありますが、それによって救われる人がいるのだということを考えれば、ひとつの””商品””としては、十分にアリなのかもしれませんね。

【厳選】カードローンおすすめ解説記事